近代法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

近代法(きんだいほう)とは法学用語の一つ。西洋において19世紀までに確立した市民社会においてののことを言う。これの特徴としては契約自由や私有財産の保障などが存在する。政治的な個人主義自由主義民主主義を基として法の秩序が構成されていった。憲法においては平等基本的人権権力分立が示され、私法においては自治所有権や契約自由や責任原則が示された。

外部リンク[編集]