辻雄貴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
辻 雄貴
生誕 (1983-11-29) 1983年11月29日(35歳)
日本の旗 日本静岡県富士市
出身校 工学院大学大学院工学研究科建築学専攻
著名な実績 華道
代表作
公式サイト 公式サイト

辻 雄貴(つじ ゆうき、1983年(昭和58年)11月29日 - )は、日本華道家。辻雄貴空間研究所主宰。学位は修士(建築学)。

概要[編集]

1983年(昭和58年)生まれ。静岡県富士市出身。 工学院大学・同大学院在学中(工学研究科建築学専攻)に、いけばなと出会い、いけばな作家 竹中麗湖に師事。建築という土台を持ちながら追求する「いけばな」は、既存の枠組みを超えて、建築デザイン、舞台美術、彫刻、プロダクトデザインなど、独自の空間芸術として演出される。[1]

また、日本の古来の芸能やものづくりの神の名を冠した「シャクジ能」を能楽師大倉流大鼓方大倉慶乃助と共に旗揚げ。いけばなと能が同時代に生まれたことを前提に、伝統芸能の新しいかたちを提案している。「シャクジ能」では、移動舞台のデザイン・基本設計や舞台美術などを手がけるアーティスティック・ディレクターとしても活動している。

2016年 ニューヨークカーネギーホールにて公演。カーネギーホール主催公演としては、初の華道家公演を果たした。

2017年スペイン フェリペ6世国王夫妻来日に際して、天皇皇后ご臨席のもと、静岡 浮月楼「月光の間」にて献花・室礼をおこなう。

略歴[編集]

  • 2013年5月 フランス・シャンパーニュ地方のフェール城で行なわれた「能フェスティバル 世阿弥生誕650年観阿弥生誕680年記念フェール城能公演」で、舞台美術を担当。静岡市葵区足久保から500本の竹を船で輸送し、竹による能の舞台をつくり上げた。
  • 2013年8月  café de perle銀座の店舗 基本設計、空間ディレクションを担当。
  • 2014年7月 静鉄ホテルプレジオ沼津で、竹の大型オブジェ「Floating Bamboo」を展示。
  • 2014年8月 東京新橋 金田中にて いけばな制作。
  • 2014年11月 ユニリーバ・ジャパン CM「CLEAR」のアートワークを制作。
  • 2015年1月 静岡県静岡市葵区にある「浮月楼」の庭園で「浮月シャクジ能」を上演。ゲストは大倉源次郎(大倉流囃子方16世宗家)。
  • 2015年3月 静岡県初、清水市で開催された「TEDx Shimizu」で静岡県内初の登壇を務める。舞台美術も手がける。[2]
  • 2015年5月「シズオカ×カンヌウィーク2015」では静岡市駿河区の登呂遺跡会場で「シャクジ能」を上演。「シズオカ×カンヌウィーク2015」では芸術ディレクターとして「マルシェ」の会場デザインも担当。
  • 2015年7月 REPUBLIC OF Fritz Hansen STORE青山にてYuki Tsuji × Fritz Hansen × Bang&Olufsen「LESS IS MORE」と題してパフォーマンスを実施。
  • 2015年8月 長野県北佐久郡軽井沢町「脇田美術館」で「シャクジ能」を上演。放置されているカラマツを使用。ゲストは、藤田六郎兵衛(能楽師、藤田流笛方11世宗家)、司会として花田景子(貴乃花部屋女将) 。
  • 2015年9月 バング&オルフセン90周年記念イベントでパフォーマンスを上演。音楽は里ロビン、大鼓は大倉慶乃助。[3]
  • 2015年11月  Bang &Olufsen Japan 90th Anniversary イベントを銀座和光にて実施。
  • 2015年11月 東京の豊洲PITにて音楽家坂本龍一氏がオーガナイザーを務める「 NO NUKES ACOUSTIC NIGHT」のオープニングアクトを辻雄貴+シャクジ能で出演する。他の出演者はGOTCH(アジアンカンフージェネレーション)/斉藤和義/TOSHI-LOW(BRAHMAN)/仲井戸"CHABO"麗市/辻雄貴 + シャクジ能 。
  • 2015年12月  Bang &Olufsen Japan 90th ムービーのクリエイティブディレクションを担当。
  • 2015年12月 大阪、ラフェットひらまつにて梅若玄祥×藤間勘十郎トークショーにていけばなを展示。
  • 2016年2月 静岡にて 常葉大学造形学部卒業制作記念講演会を実施。
  • 2016年2月  新版 現代能「安倍晴明」in 大阪フェスティバルホールにて能作り物制作。主演は野村萬斎氏、梅若玄祥氏。
  • 2016年3月 羽田空港主催 ドイツローデンブルグ市 市長表敬訪問会にて桜のパフォーマンス。大鼓は大倉慶乃助。
  • 2016年3月  静岡県静岡市葵区足久保で「葦久保シャクジ能 」 を開催。ゲストはアルケッチャーのシェフ、奥田政行氏。
  • 2016年4月 レクサス小石川ショールームで「SAKURA Weekend」YUKI TSUJI × LEXUS × Bang &Olufsen Japanで桜の作品を展示。
  • 2016年4月「Plants Sculpture Exibition - SAKURA 」と題して羽田空港国際線ターミナルに桜の作品を展示。
  • 2016年5月 浅間山藝術舞台 皐月奉納祭 落成記念公演。基本設計を担当した「移動式能舞台」の杮落としを実施。 
  • 2016年11月 Gotch(ASIAN KUNG-FU GENERATION)の2ndソロ・アルバム『Good New Times』のアートワークを製作。
  • 2016年11月 静岡県富士市「倭文神社」で「駿河シャクジ能」を開催。能の演目は「土蜘蛛」。ゲストは梅若玄祥氏(観世流シテ方人間国宝)、大倉源次郎(大倉流囃子方16世宗家)。
  • 2016年12月 アメリカ合衆国ニューヨーク市カーネギーホール・ワイルギャラリーで、「カーネギーホールノータブルズ・ジャパン」の招聘により、いけばなパフォーマンスの公演。里ロビンの音楽とのコラボレーション。[4]
  • 2016年12月 在ニューヨーク総領事・大使公邸にて、いけばなとクラシック音楽のコラボレーション。
  • 2016年12月 アメリカ合衆国ニューヨーク市「NEUE Gallery」で、「辻雄貴個展 多の森」と題して展示。
  • 2016年12月 大阪・フェスティバルホールで、吉永小百合×坂本龍一「平和のために〜詩と音楽と花と」に出演。音楽家・坂本龍一、能楽笛方家元藤田六郎兵衛とコラボレーション。出演者 吉永小百合/坂本龍一/大貫妙子/村治佳織/藤田六郎兵衛/辻雄貴/東北ユースオーケストラ弦楽四重奏 他[5]
  • 2017年1月 東京都渋谷区「LOKO Gallery」でニューヨーク凱旋展「辻雄貴個展 多の森」を実施。1月20日に能楽・庭園研究者の原瑠璃彦とのトークセッション。
  • 2017年1月 パークハイアットと東京「マスターズ オブ アーツ 」でニューヨーク在住の気鋭のアーティスト、エアロソン-レックス メストロヴィックとシンガーソングライターLEO今井(メタファイブ)とパフォーマンスを行う。
  • 2017年4月 静岡・ホテルセンチュリーで静岡県・浙江省友好35周年記念式典にて横山大観の『群青富士』屏風の前に会場装花のいけばなを展示。
  • 2017年4月 静岡・浮月楼で天皇皇后・スペイン6世国王夫妻のスペイン洋時計ご覧会場にていけばなを展示。
  • 2017年4月 東京第25回奉納 靖国神社 『夜桜能』で梅若玄祥氏「西行桜」のつくりものに桜を使う。

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]