辻元一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

辻元 一郎(つじもと いちろう、1929年昭和4年)1月28日[1] - 1989年平成元年)3月1日)は、日本のアメリカ文学者

大阪府生まれ。1955年京都大学文学部英文科卒業、京都大学大学院文学研究科英文専攻修士課程修了[1]大谷大学講師の後、1957年鹿児島大学講師、1963年滋賀大学助教授神戸大学教育学部助教授、教授を務めた。1989年、急性心不全のため死去[1]

著書[編集]

  • 『アメリカの短編小説』東出版、1966
  • 『アメリカ短篇小説研究』興文社、1972
  • ポオの短篇論研究』風間書房、1989

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『現代物故者事典 1988~1990』(日外アソシエーツ、1993年)p.415

参考[編集]

  • 『アメリカ短篇小説研究』著者紹介
  • 『人物物故大年表』