農業全書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
「農事図」。農政全書, 第一巻より

農業全書(のうぎょうぜんしょ)は、元禄10年(1697年)刊行された農書。出版されたものとしては日本最古の農書である。

概要[編集]

全11巻あり、1巻から10巻は、元福岡藩士の宮崎安貞著。11巻は貝原益軒の兄貝原楽軒著で付録である。序文は貝原益軒。刊行には貝原一族が深く関わっていた。

最も体系的な農書という評価を得ている。

の『農政全書』に多く知識を得ながらも、日本の事情に合うように執筆されている。自らの長年にわたる体験や見聞をもとにして、農業の仕事や作物の栽培法などについて詳しく述べている。ただし、筑前藩をはじめとして西日本を巡回し、それを基とした執筆のため栽培適期などは西日本に適合している。

日本の農業に与えた影響は計り知れず、以後、本書に影響・刺激を受けて執筆された農書は数多い。

明治に至るまで何度も刊行され、多くの読者を得た。現在でも岩波文庫から出版されている。

目次[編集]

  1. 農事総論  90条
  2. 五穀之類  99種
  3. 菜之類   96種
  4. 菜之類   923種
  5. 山野菜之類 98種
  6. 三草之類  91種
  7. 四木之類  94種
  8. 菓木之類  97種
  9. 諸木之類  95種
  10. 生類養法  93種 薬種類 922種
  11. 付録

評判[編集]

水戸の徳川光圀は、「これ人の世に一日もこれ無かるべからざるの書なり」と絶賛し、八代将軍徳川吉宗も座右の書に加えたほどであった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]