コンテンツにスキップ

農業・農民福祉省

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
インドの旗 インド行政機関
農業・農民福祉省
कृषि एवं किसान कल्याण मन्त्रालय
役職
農業・農民福祉長官英語版 アルジュン・ムンダ
閣外大臣 カイラス・チョードリー
ショバ・カランドラージェ
組織
内部部局 農業・農民福祉局
農業研究教育局
概要
所在地 ニューデリー、Raisina Hill
ドクター ラジェンドラ プラサド ロード、クリシ・バワン
年間予算 127,036億ルピー(160億米ドル) (2024 ~ 25年の推定値)
設置 2015年8月15日
前身 農業省
ウェブサイト
agriwelfare.gov.in
テンプレートを表示

農業・農民福祉省(のうぎょうのうみんふくししょう、ヒンディー語: कृषि एवं किसान कल्याण मन्त्रालय)は、 インド行政機関の一つである。インドにおける農業食品加工、協力の規則、規制、および関連する法律の策定と管理を担当している機関。

歴史

[編集]

前身組織である歳入・農商務省はインドのあらゆる農業問題を扱うために、1871年6月に設立された。この省が設立されるまで、農業に関する事項は内務省の管轄内にあった[1]

1881年に教育・健康・農業・歳入の総合ポートフォリオを扱うために歳入農業省が設立された。しかし、1947年に農務省は農業省に名称変更された[2]

農業省は、農村地域のニーズに対応するために、2015年8月15日に農業・農民福祉省に改名された[3]

内部組織

[編集]

農業・農民福祉省は次の2つの部門から構成されている[4]

農業・農民福祉局

[編集]

この部の責任は、1961年のインド政府 (事業の割り当て) 規則 (随時修正) で割り当てられている。この文脈における協力とは、主に農民の協同組合運動を促進することを指します。農業MMP は、この部門が運営するもう 1 つのプログラムで、さまざまな州で国家レベルでさまざまなメディアを通じて実施されている農業電子政府プロジェクトを再現することを目的としている。

農業研究教育局

[編集]

この部門の責任は、基礎および運用研究、技術開発、全国のさまざまな組織と州政府間の連携の改善です。さらに、この部門はインド農業研究評議会を管理している。

脚注

[編集]

出典

[編集]
  1. ^ Wayback Machine”. web.archive.org. 2024年2月13日閲覧。
  2. ^ Wayback Machine”. web.archive.org. 2024年2月13日閲覧。
  3. ^ “Agriculture Ministry to be renamed as Ministry of Agriculture and Farmers’ Welfare” (英語). The Hindu. (2015年8月15日). ISSN 0971-751X. https://www.thehindu.com/news/national/69th-Independence-Day-Prime-Minister-Narendra-Modis-Independence-Day-speech/article60307639.ece 2024年2月13日閲覧。 
  4. ^ Ministry of Agriculture - Agriculture - Sectors: National Portal of India”. web.archive.org (2009年6月5日). 2024年2月13日閲覧。

関連項目

[編集]