辰野勇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
たつの いさむ
辰野 勇
生誕 1947年????
大阪府堺市
国籍 日本の旗 日本
出身校 大阪府立和泉高等学校
職業 モンベル会長
著名な実績 アイガー北壁の登頂で世界最年少(1969年)

辰野 勇(たつの いさむ、1947年 - )は、日本登山家冒険家カヌーイスト。登山用品メーカーの株式会社モンベル(mont-bell)の創業者であり、現在は会長を務める[1]大阪府堺市出身。大阪府立和泉高等学校卒業。奈良県奈良市高畑町在住[2]

略歴[編集]

1947年、大阪府堺市生まれ。中学時代に岩壁登攀を開始し、1967年には前穂高岳屏風岩に登頂。少年時代この頃より、ハインリッヒ・ハラーのアイガー北壁登攀記『白い蜘蛛』に感銘を受け、以来青春期を山一筋に過ごすとともに、将来を登山に関係したビジネスを興す夢を抱く[3]。高校卒業後住み込みでスポーツ用品店に勤めるが、社長にロッククライミングを反対されたため休職。1969年中谷三次とともにアイガー北壁に挑み、当時の世界最年少での登頂に成功した。1970年には日本初のクライミングスクールを開く。モンベル創業前には大阪・梅田の登山用具店「白馬堂」の営業社員を務めていたが、ある冬の登攀中のビバークで粗悪品の手袋をしていたことで凍傷になり、より高機能で安全性の高い装備の必要性を痛感。自ら開発することを決意し、1975年にモンベルの創業にいたる。この頃より、カヌーカヤックにも熱中し始め、第3回関西ワイルドウォーター大会での優勝の実績のほか、黒部川を源流部から河口までをカヤックで初下降したほか、グランドキャニオンユーコンコスタリカネパール、など世界中の川を下る。1991年には、日本初の身障者カヌー大会「パラマウント・チャレンジカヌー」を開催するなど、社会活動も行っている。また、びわこ成蹊スポーツ大学客員教授や天理大学客員教授などを務めるほか、2011年東日本大震災では「アウトドア義援隊」を組織し、アウトドア体験を活かした災害支援活動を自ら陣頭指揮を執り行った[3]

その他、「M.O.C.(モンベル・アウトドア・チャレンジ)」の校長、「大阪府カヌー協会」副会長などを務める。徳島県では、川の学校の講師を務める。

受賞歴[編集]

  • 1994年 - 関西ニュービジネス協議会・起業家大賞。
  • 1995年 - 日本ニュービジネス大賞通商産業大臣賞。
  • 1999年 - イタリア山岳会・2000年記念賞。
  • 2005年 - 第1回デザインエクセレントカンパニー賞。
  • 2015年 - 環境省「グッドライフアワード」。
  • 2016年 - 第36回毎日経済人賞、環境省「グッドライフアワード」。

以上[3]

番組出演[編集]

著作[編集]

注釈・出典[編集]

  1. ^ モンベル. “創業者紹介(辰野 勇)” (日本語). 2017年2月5日閲覧。
  2. ^ 毎日新聞 (2017年1月25日). “ならまち暮らし 偉大なる田舎=寮美千子 /奈良” (日本語). 2017年2月5日閲覧。
  3. ^ a b c モンベル公式サイト - 創業者紹介(辰野 勇)”. 2018年5月22日閲覧。

外部リンク[編集]