辰巳晃一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

辰巳 晃一(たつみ こういち、1964年10月5日 -  愛知県出身)は、車いすバスケットボール選手、1996アトランタパラリンピック車いすマラソン日本代表選手。

車いすバスケットボール[編集]

1985年に名古屋市で創部された車椅子バスケットの強豪チーム「ワールドバスケットボールクラブ WORLD BBC」の創部当時からのメンバー。ポジションはフォワード

車いすマラソン[編集]

1990年から大分国際車いすマラソン大会に出場。名古屋金鯱レーシングチームのエースとして、1992〜1999年シーズンの日本人トップ3として車いすマラソン界を牽引した。現在は、競技スポーツ第1線を退き、市民ランナーとして走り続けている。

  • 1996年アトランタパラリンピック、車いすマラソン 9位
  • 1996 東京シティハーフマラソン 優勝

主な記録[編集]

  • 1992年 大分国際 1時間43分32秒 (日本人3位)
  • 1994年 大分国際 1時間43分11秒 (日本人5位)
  • 1995年 大分国際 1時間30分55秒 (日本人2位)
  • 1996年 大分国際 1時間35分08秒 (日本人3位)
  • 1997年 大分国際 1時間32分26秒 (日本人3位)
  • 1999年 大分国際 1時間32分41秒 (日本人4位)

1995大分国際[編集]

1位 1時間22分38秒 ハインツ・フライ(スイス)
2位 1時間30分51秒 ジョージス ヴァンダミー(ベルギー)
3位 1時間30分54秒 室塚一也(北海道)
4位 1時間30分54秒 アンドレ ヴィジェ(カナダ)
5位 1時間30分55秒 辰巳晃一(愛知県)
 2位集団が競技場に入った時にはダンゴ状態であり、辰巳にも表彰台のチャンスがあった。最終コーナーを回って外側に抜け、まさにラストスパートを掛けようとしたとき、前方4レーン付近を走っていたハーフマラソンの選手に気付いた。一度減速しコースを変え、あきらめずにスパートを掛けたものの、室塚とヴィジェにわずか体1つ及ばなかった。しかし1時間30分55秒のタイムは、前年の大分国際の優勝タイム(当時大会最高記録)と1秒違いであり、また当時の日本記録1時間39分09秒(室塚一也/'94大分国際)を8分も縮めるものであった。表彰台は逃したとはいえ、堂々とした日本人2位であり、彼がアマチュアランナーとしてトップクラスの実力を持つことを強く印象づけた。 なお、翌1996年の大分国際では、参加409名を代表して選手宣誓を行っている。

電動車いすサッカー[編集]

1989年名古屋に日本で2番目のチームを発足させ、1995 年「第1回電動車椅子サッカー全国大会 in 名古屋」の開催に尽力。現在は、日本電動車いすサッカー協会の終身名誉顧問を務める。