辰巳八郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
辰巳 八郎
基本情報
本名 湯浅 幸四郎[1]
通称 ミドル級の帝王[2]
階級 ウェルター級
ミドル級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 1929年2月17日
出身地 京都府京都市下京区
死没日 (2002-09-19) 2002年9月19日(73歳没)
死没地 東京都品川区
スタイル ボクサーファイター
プロボクシング戦績
総試合数 127[1][2]
勝ち 89
KO勝ち 28
敗け 27
引き分け 5
無効試合 2ND(無判定試合)
6EX
テンプレートを表示

辰巳 八郎(たつみ はちろう、1929年2月17日 - 2002年9月19日)は、日本の元プロボクサー。本名は湯浅 幸四郎(ゆあさ こうしろう)、プロデビュー時のリングネーム中村 昭一(なかむら しょういち)。京都府京都市下京区出身。元日本ウェルター級(2度獲得)、日本ミドル級(3度獲得)、OBF東洋ミドル級(3度獲得)王者。日本ミドル級王座13度防衛は同級の最多連続防衛記録。現役時代は新和拳所属。

人物[編集]

中量級を代表する選手が少ない中、左右のストレートを武器に特異なセンスとテクニックで[2]2階級を制覇した。筋骨逞しいわけではなく、脚はほっそりと伸び、バランスのとれた体の持ち主だった[2]。体が柔らかく、フットワークも滑らかだった[2]。プロデビューから2年後には日本ウェルター級王座を獲得、さらに2年後には同ミドル級王座を獲得した。パンチはそれほど強烈ではなかったが、連打を絶やさない一方で相手のパンチは空振りさせ、TKOでの勝利が多かった[2]

マネージャーの若松巌は戦前は作曲家でもあり、戦後は新橋にとんかつ店「団十郎」を開いたが、ボクシングに関しては全くの素人で、辰巳の指導においても誰にでもできる指示を出すばかりであった。しかし若松に「横へ」と指示されれば辰巳のセンスはサイドステップしてワンツーを相手の顔へ送る動きを実現してみせた[2]

来歴[編集]

日本王座2階級制覇[編集]

1947年3月22日、プロデビュー戦では4RKO勝利を収め、続く2年間は笹崎僙、ベビー・ゴステロ、秋山政司椎名勇夫らと対戦を重ねた。

1949年4月29日、甲子園球場河田一郎に判定勝利を収め、日本ウェルター級王座を獲得した。同年9月27日、大阪球場で河田との再戦に7RKO勝利を収め、同王座の初防衛に成功した。

日本ウェルター級王座を3度防衛後の1951年1月9日、日比谷公会堂で新井正吉に6R終了TKO勝利を収め、日本ミドル級王座を獲得した。

同年5月9日、後楽園球場で行われた日本ウェルター級王座の5度目の防衛戦で椎名勇夫に判定負けを喫し、同王座を失った。日本ミドル級王座を2度防衛後の同年10月1日、後楽園球場で椎名からの日本ウェルター級王座奪回に挑戦したが、判定負けを喫した。

日本ミドル級王座を4度防衛後の1952年6月21日、後楽園アイスパレスで、羽後武夫に移った日本ウェルター級王座に挑戦し、判定勝利により獲得した。同年7月29日、アメリカ人選手フィル・リゾとのノンタイトル10回戦に判定勝利を収め、さらに同年9月9日、ミドル級王座の5度目の防衛戦でリゾと再戦し、判定勝利を収めた。この2度の戦いでは接近戦を得意とするリゾを左ジャブで押さえ、ワンツーストレートの速射を武器に打ち合う果敢な打撃戦を展開した。

東洋王座挑戦・獲得[編集]

日本ウェルター級王座を1度防衛後の1953年1月4日、ソムデス・ヨントラキットとOBF東洋ウェルター級王座決定戦を争うが判定負けを喫した。日本ウェルター級王座を2度防衛後の同年6月15日、ヨントラキットとの再戦でOBF東洋ウェルター級王座に挑戦したが判定負けを喫し、同年6月26日、日本ウェルター級、日本ミドル級の両王座を返上した。

1954年1月18日、共立講堂横山守に判定勝利を収め、日本ミドル級王座を獲得した。

同年3月22日、トニー・アルデゲールと初代OBF東洋ミドル級王座を決定戦で争い、6RKO勝利を収めて同王座を獲得。さらに同年4月19日、アルデゲールとの再戦で同王座の初防衛に成功した。

同年7月2日、大阪府立体育館で行われた横山守との通算5度目の対戦に判定勝利を収め、日本ミドル級王座の初防衛に成功した。

1955年4月20日、ソムデス・ヨントラキットに11RTKO負けを喫してOBF王座を失った。当時26歳ながら90戦程度を経験し、本来の動きは見られなくなっていた[2]が、日本ミドル級王座を2度防衛後の同年12月3日、ヨントラキットの返上により空位となったOBF東洋ミドル級王座をセーマ・クラスクと争い、判定勝利を収めて同王座を獲得した。

1956年1月8日、大阪府立体育館で大貫照雄に判定負けを喫してOBF、日本の両ミドル級王座を失ったが、同年4月9日、後楽園ローラースケート場で大貫に判定勝利を収めて両王座を奪回、さらに同年10月3日、後楽園球場で大貫に6RKO勝利を収めて両王座の初防衛に成功した。1957年6月1日、ダウソン・シンガバロップに判定負けを喫してOBF王座を失った。日本ミドル級王座を11度防衛後の1960年10月22日、海津文雄の持つOBF東洋ミドル級王座に挑戦したが判定負けを喫した。

1962年6月3日、後楽園ジムで行われた日本ミドル級王座の14度目の防衛戦で前溝隆男に10R判定負けを喫して6年あまり守った王座を失い、この試合を最後に現役を引退した。

2002年9月19日午前3時47分、脳梗塞のため東京都品川区の病院で死去した[3]

戦績[編集]

プロボクシング:121戦89勝 (28KO) 27敗5分6EX[* 1]

日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
35 1949年4月29日 勝利 10R 判定 河田一郎 (オール) 日本の旗 日本 日本ウェルター級タイトルマッチ
40 1949年9月27日 勝利 7R KO 河田一郎 (オール) 日本の旗 日本 日本ウェルター級王座防衛1
47 1950年4月17日 勝利 7R KO 呉川勇 (IBC) 日本の旗 日本 日本ウェルター級王座防衛2
54 1950年9月25日 引分 10R 判定 秋山政司 (極東) 日本の旗 日本 日本ウェルター級王座防衛3
57 1951年1月5日 勝利 6R終了 TKO 新井正吉 (IBC) 日本の旗 日本 日本ミドル級タイトルマッチ
58 1951年2月3日 勝利 10R 判定 矢口利夫 (鈴木) 日本の旗 日本 日本ウェルター級王座防衛4
60 1951年5月9日 敗北 10R 判定 椎名勇夫 (高千穂) 日本の旗 日本 日本ウェルター級王座陥落
62 1951年7月9日 勝利 10R 判定 三上寿一 (城南) 日本の旗 日本 日本ミドル級王座防衛1
64 1951年8月31日 勝利 10R 判定 平間龍雄 (不二) 日本の旗 日本 日本ミドル級王座防衛2
65 1951年10月1日 敗北 10R 判定 椎名勇夫 (高千穂) 日本の旗 日本 日本ウェルター級タイトルマッチ
67 1952年1月3日 勝利 7R KO 横山守 (国民) 日本の旗 日本 日本ミドル級王座防衛3
69 1952年4月21日 勝利 10R 判定 羽後武夫 (AO) 日本の旗 日本 日本ミドル級王座防衛4
71 1952年6月21日 勝利 10R 判定 羽後武夫 (AO) 日本の旗 日本 日本ウェルター級タイトルマッチ
72 1952年7月29日 勝利 10R 判定 フィル・リゾ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
73 1952年9月9日 勝利 10R 判定 フィル・リゾ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 日本ミドル級王座防衛5
74 1952年12月6日 勝利 10R 判定 山野井清次郎 (青木) 日本の旗 日本 日本ウェルター級王座防衛1
75 1953年1月4日 敗北 12R 判定 ソムデス・ヨントラキット タイ王国の旗 タイ OBF東洋ウェルター級王座決定戦
77 1953年3月5日 勝利 10R 判定 高木徹 (帝拳) 日本の旗 日本 日本ウェルター級王座防衛2
79 1953年6月15日 敗北 12R 判定 ソムデス・ヨントラキット タイ王国の旗 タイ OBF東洋ウェルター級タイトルマッチ/日本ウェルター級・ミドル級王座返上
81 1954年1月18日 勝利 10R 判定 横山守 (国民) 日本の旗 日本 日本ミドル級タイトルマッチ
82 1954年3月22日 勝利 6R KO トニー・アルデゲール フィリピンの旗 フィリピン OBF東洋ミドル級王座決定戦
83 1954年4月19日 勝利 12R 判定 トニー・アルデゲール フィリピンの旗 フィリピン OBF王座防衛1
85 1954年7月2日 勝利 10R 判定 横山守 (国民) 日本の旗 日本 日本ミドル級王座防衛1
88 1955年4月20日 敗北 11R TKO ソムデス・ヨントラキット タイ王国の旗 タイ OBF陥落
89 1955年7月26日 勝利 7R KO 横山守 (国民) 日本の旗 日本 日本ミドル級王座防衛2
92 1955年12月3日 勝利 12R 判定 セーマ・クラスク フィリピンの旗 フィリピン OBF東洋ミドル級王座決定戦
93 1956年1月8日 敗北 10R 判定 大貫照雄 (帝拳) 日本の旗 日本 OBF陥落・日本ミドル級王座陥落
94 1956年4月9日 勝利 12R 判定 大貫照雄 (帝拳) 日本の旗 日本 OBF東洋ミドル級タイトルマッチ・日本ミドル級タイトルマッチ
97 1956年10月3日 勝利 6R KO 大貫照雄 (帝拳) 日本の旗 日本 OBF防衛1・日本ミドル級王座防衛1
98 1957年6月1日 敗北 12R 判定 ダウソン・シンガバロップ タイ王国の旗 タイ OBF陥落
100 1957年9月28日 勝利 10R 判定 山野井清次郎 (青木) 日本の旗 日本 日本ミドル級王座防衛2
101 1958年1月28日 勝利 10R 判定 康世哲 大韓民国の旗 韓国 日本ミドル級王座防衛3
102 1958年7月8日 勝利 10R 判定 品田博 (帝拳) 日本の旗 日本 日本ミドル級王座防衛4
103 1958年10月28日 勝利 10R 判定 品田博 (帝拳) 日本の旗 日本 日本ミドル級王座防衛5
104 1959年1月4日 勝利 10R 判定 村岡照雄 (神港) 日本の旗 日本 日本ミドル級王座防衛6
105 1959年4月22日 勝利 10R 判定 松谷好美 (中外) 日本の旗 日本 日本ミドル級王座防衛7
107 1959年5月21日 勝利 10R 判定 海津文雄 (笹崎) 日本の旗 日本 日本ミドル級王座防衛8
108 1959年9月17日 勝利 10R 判定 前溝隆男 (不二) 日本の旗 日本 日本ミドル級王座防衛9
110 1960年1月3日 勝利 10R 判定 石橋堅之進 (不二) 日本の旗 日本 日本ミドル級王座防衛10
112 1960年7月14日 勝利 10R 判定 権藤正雄 (平安) 日本の旗 日本 日本ミドル級王座防衛11
113 1960年10月22日 敗北 12R 判定 海津文雄 (笹崎) 日本の旗 日本 OBF東洋ミドル級タイトルマッチ
115 1961年2月22日 勝利 10R 判定 前溝隆男 (不二) 日本の旗 日本 日本ミドル級王座防衛12
118 1961年10月12日 勝利 10R 判定 権藤正雄 (平安) 日本の旗 日本 日本ミドル級王座防衛13
120 1962年6月3日 敗北 10R 判定 前溝隆男 (不二) 日本の旗 日本 日本ミドル級王座陥落
テンプレート

獲得タイトル[編集]

  • 第2代日本ウェルター級王座(防衛4)
  • 第5代日本ミドル級王座(防衛5)
  • 第5代日本ウェルター級王座(防衛2)
  • 第7代日本ミドル級王座(防衛2)
  • 初代OBF東洋ミドル級王座(防衛1)
  • 第3代OBF東洋ミドル級王座(防衛0)
  • 第9代日本ミドル級王座(防衛13)
  • 第5代OBF東洋ミドル級王座(防衛1)

(日本ミドル級王座の代数は戦後から数えた場合)

受賞歴
  • プロ・アマチュア年間表彰
    • 1949年度プロ部門努力賞
    • 1951年度プロ部門努力賞
    • 1952年度プロ部門技能賞
    • 1952年度プロ部門年間最高試合賞(フィル・リゾ戦)
    • 1958年度プロ部門努力賞
    • 1960年度プロ部門努力賞
    • 1961年度プロ部門努力賞

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本ボクシングコミッション設立以前の試合を多く含むため資料により数値に差がある。

参考文献[編集]

  1. ^ a b ボクシング・マガジン編集部編 『日本プロボクシングチャンピオン大鑑』 ベースボール・マガジン社、2004年3月1日 ISBN 4-583-03784-8、136頁。
  2. ^ a b c d e f g h 栗原程 「ミドル級の帝王 辰巳八郎」『ワールド・ボクシング』7月号増刊、日本スポーツ出版社、1993年7月31日 共通雑誌コードT1009804071109 雑誌09804-7、161頁。
  3. ^ 辰巳八郎氏死去 元東洋、日本ミドル級王者」 共同通信、2002年9月19日。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


第2代日本ウェルター級王者
在位期間
河田一郎 1949年4月29日 - 1951年5月9日 椎名勇夫
第5代日本ミドル級王者
在位期間
新井正吉 1951年1月9日 - 1953年6月26日(返上) 空位
(次タイトル獲得者:横山守
第5代日本ウェルター級王者
在位期間
羽後武夫 1952年6月21日 - 1953年6月26日(返上) 空位
(次タイトル獲得者:大貫照雄
第7代日本ミドル級王者
在位期間
横山守 1954年1月18日 - 1956年1月8日 大貫照雄
初代OBF東洋ミドル級王者
在位期間
- 1954年3月22日 - 1955年4月20日 ソムデス・ヨントラキット
第3代OBF東洋ミドル級王者
在位期間
空位
(前タイトル獲得者:ソムデス・ヨントラキット
1955年12月3日 - 1956年1月8日 大貫照雄
第9代日本ミドル級王者
在位期間
大貫照雄 1956年4月9日 - 1962年6月3日 前溝隆男
第5代OBF東洋ミドル級王者
在位期間
大貫照雄 1956年4月9日 - 1957年6月1日 ダウソン・シンガバロップ