辛皮駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
辛皮駅
駅構内 南を望む
駅構内 南を望む
からかわ
Karakawa
F10 大江山口内宮 (3.7km)
(6.0km) 喜多 F12
所在地 京都府宮津市小田
駅番号 F11
所属事業者 WILLER TRAINS(京都丹後鉄道)
所属路線 宮福線
キロ程 21.3km(*福知山起点)
駅構造 地上駅(ホームは盛土上)
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
3人/日(降車客含まず)
-2014年-
開業年月日 1988年昭和63年)7月16日[1]
備考 無人駅
* 正式な起点は宮津駅
テンプレートを表示

辛皮駅(からかわえき)は、京都府宮津市小田にある、WILLER TRAINS(京都丹後鉄道)宮福線である。

歴史[編集]

  • 1988年(昭和63年)7月16日 - 宮福鉄道(現・北近畿タンゴ鉄道)宮福線の駅として開業[1]
  • 2013年(平成25年)3月16日 - ダイヤ改正で、夕方の福知山行き快速1本が停車。当駅から宮津駅まで通学利用する中学生兄妹の便宜を図るため[2]。快速「大江山」2号、福知山行きのみが停車する。
  • 2015年(平成27年)4月1日 - WILLER TRAINSへの移管により、京都丹後鉄道宮福線の駅となる。

駅構造[編集]

尾根を切り崩した高所にある地上駅で、南北に線路が伸び、東側に1面1線の単式プラットホームがある。ホームの南北にそれぞれ入口があり、階段と傾斜路で往来する。分岐器絶対信号機がないため、停留所に分類される。無人駅で駅舎は設けられておらず、自動券売機も設置されていない。

駅周辺[編集]

駅の西側には由良川水系の桧川が南北に流れ、川の両岸に田畑があり、民家が散在する。駅の東側の山の斜面には線路に沿って京都縦貫自動車道(綾部宮津道路)が通っている。

利用状況[編集]

利用客は極めて少なく、1日の平均乗車人員は以下の通りである。

  • 11人(1999年度)
  • 5人(2000年度)
  • 5人(2001年度)
  • 5人(2002年度)
  • 5人(2003年度)
  • 3人(2004年度)
  • 5人(2005年度)
  • 0人(2006年度)
  • 3人(2007年度)
  • 3人(2008年度)
  • 5人(2009年度)
  • 5人(2010年度)
  • 3人(2011年度)
  • 3人(2012年度)
  • 4人(2013年度)

隣の駅[編集]

※快速「大江山」については、福知山行きの2号が停車する。詳細な停車駅は路線記事を参照のこと。

WILLER TRAINS(京都丹後鉄道)
宮福線
大江山口内宮駅 (F10) - 辛皮駅 (F11) - 喜多駅 (F12)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 公営鉄道・私鉄』14号 神戸電鉄・能勢電鉄・北条鉄道・北近畿タンゴ鉄道、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2011年6月19日、28頁。
  2. ^ 兄妹のため快速停車 宮津の駅「部活最後まで」(読売新聞 2013年2月22日)[リンク切れ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]