辛島驍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

辛島 驍(からしま たけし、1903年 - 1967年4月27日)は、中国文学者、東大文学博士

経歴[編集]

福岡県福岡市博多生まれ。修猷館中学校山口高等学校から、1928年東京帝国大学支那文学科卒、京城帝国大学講師、1939年博士論文「支那現代文学の研究」を東大に提出するが、混乱の中で博士号授与は1946年となった。戦後は鎌倉文士とのつきあいもあり、鎌倉市図書館館長、昭和女子大学相模女子大学教授など。妻は塩谷温の娘。東大名誉教授・辛島昇は息子。没後博士論文が刊行された。

栄典[編集]

著書[編集]

共編著[編集]

翻訳[編集]

  • 白夫人の妖恋 小説・原作・シナリオ 白夫人の妖術-小説(林房雄) 白娘子永鎮雷峰塔-原作(辛島訳) 白夫人の妖恋-シナリオ(八住利雄) 大日本雄弁会講談社 1956 ロマン・ブックス
  • 中国文学大系 全訳 第1集 第10-14巻 醒世恒言 馮夢竜編 辛島訳註 塩谷温監修 東洋文化協会 1958
  • 中国文学大系 全訳 第1集 第15-17巻 拍案驚奇 辛島訳註 塩谷温監修 東洋文化協会 1958-1959
  • 中国文学大系 全訳 第1集 第23巻 覚世名言十二楼 李漁 東洋文化協会 1958
  • 中国文学大系 全訳 第1集 第1巻 無声戯 第1 覚世稗官編次 東洋文化協会 1959
  • 中国文学大系 全訳 第1集 第6巻 警世通言 第1 馮夢竜編 辛島訳註 塩谷温監修 東洋文化協会 1959
  • 漢詩大系 第15 魚玄機薛濤 集英社 1964
  • 漢詩大系 第16 宋詩選 今関天彭共著 集英社 1966

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第5423号「叙任及辞令」1945年2月14日。

参考[編集]

  • 「中国現代文学の研究」辛島昇の解説