軽水

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

軽水(けいすい)とは、の別称、及び、一部の成分の名称。どちらを指すかは、文脈で判断する必要がある。

概要[編集]

普通ののこと[1]を指す言葉であるが、重水素から構成される分子を含み通常の水より密度が高い水(重水)に対して、普通の水を特に区別して軽水と呼ぶ場合がある[2]

また、水素質量数1の同位体軽水素)と、酸素の質量数16の同位体とだけから出来ている1H216O分子からなる水を特に軽水と呼ぶ場合もある[2][3]。この場合天然水(天然同位体比の水)のうち軽水の占める割合は99.74%である[2]

天然の水から重水だけを分離することは比較的容易であるが、重水を完全に取り除くのは難しい[要出典]ため、実際には重水を少量含む天然の水(普通の水)を軽水と呼ぶことが多い。

原子力分野における区別の必要性[編集]

軽水は熱中性子に対する吸収断面積 (σ = 0.644) が大きいため中性子を吸収しやすく、重水 (σ = 0.001) は吸収しにくいという異なった性質があるため[4]、原子力の分野では区別されて扱われる。

参考文献[編集]

  1. ^ 水ハンドブック編集委員会編 『水ハンドブック』 丸善、2003年
  2. ^ a b c 水の総合辞典編集委員会編 『水の総合辞典』 丸善、2009年
  3. ^ 高橋裕、久保田昌治、蟻川芳子、門馬晋、綿抜邦彦、和田攻、内藤幸穂、平野喬 『水の百科事典』 丸善、1997年
  4. ^ 八木浩輔 『基礎物理学シリーズ4 原子核物理学』 朝倉書店、1989年

関連項目[編集]