転位行動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

転位行動(てんいこうどう)とは、動物攻撃逃避の選択といった葛藤状況に置かれた時に解発される、全く別の第三の行動のことである。

例えばトゲウオ縄張り争いで相手を威嚇しているときに、突然水底の穴を掘り始めることがある。このような本来の目的とは関係なく解発される行動のことを言う。原因は分かっていない。

ネコが不安を悟られないためとか、失敗した時の照れ隠しに頭をかくとか、本心を知られないようにグルーミングでカムフラージュをするのも転位行動である[1]

人間がよくする「やけ食い」も転位行動である。

参考文献[編集]

  1. ^ 『ネコに遊んでもらう本』 河出書房新社 KAWADE夢文庫 1995年 41頁 ISBN 4309491103

関連項目[編集]

外部リンク[編集]