軒轅剣シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

軒轅剣シリーズ(けんえんけんシリーズ)は、台湾大宇資訊によるロールプレイングゲーム(RPG)のシリーズ。中国語圏RPGの代表的なシリーズ作品の一つ。仙剣奇侠伝シリーズと並ぶ「大宇双剣」と呼ばれる有名な双子作品である。

本稿ではシリーズ全体について取り扱う。各作品の詳細についてはそれぞれの項を参照の事。

概要[編集]

1990年、第1作の『軒轅剣』は、シリーズの発端。それから、2010年までに、11作が誕生した。

第2作の『軒轅剣外伝 楓之舞』から、歴代の作品は、中国歴史の特定の時代を舞台にして、ストーリーを展開する。さまざまな実在の歴史人物も登場し、実在の事件も起こる。

軒轅剣シリーズには、絶対的な「正義」と「邪悪」、絶対的な「いい人」と「悪い人」はほとんどなく、立場が違うだけだ。登場人物は、皆それぞれ自分の大義と理想のために戦う。

軒轅剣シリーズの最も重要なアイテムは、神州の「太古十大神器」である。略に「鐘剣斧壺塔 琴鼎印鏡石」と呼ぶ。すなわち「東皇鐘、軒轅剣、盤古斧、煉妖壺、昊天塔、伏羲琴、神農鼎、崆峒印、崑崙鏡、女媧石」と言う太古時代から伝われた神州の十種の神器のこと。(本来、「上古十大神器」とも呼ぶが、軒轅剣シリーズの「上古」の時期と歴史学の「上古」は違うから、ここで「太古十大神器」を表記する。)

軒轅剣シリーズ歴代PC作品一覧[編集]

2010年までの軒轅剣シリーズのPCゲームについて。

軒轅剣と軒轅剣弐[編集]

  • 原題:『軒轅劍』『軒轅剣貳』
  • 発売年月日:1990年10月13日軒轅剣、1994年2月8日軒轅剣弐
  • CGモード:2D
  • 時代:時代不明(楓之舞発売から黄帝商末の時代に認める)
  • 説明:

この両作は、連続の物語である。一つのストーリーの前編と後編と思われる。両作のメインキャラは共通だが、名前が変わた。

太古大神女媧が人間を作る以来、人間と妖魔は共存してきたが、人間の発展と開墾が妖魔たちの生存空間を狭くなさせた。妖魔は人間と敵になって、人間への攻撃が始まった。そして、善神と悪神が妖魔軍を率いて、人間を滅ぼそうとすることになった。その時、軒轅剣を持つ侠士が現れて、人間を率いて抗魔軍を組織して、妖魔軍と戦った。軒轅剣の舞台は人間と妖魔の大戦の十六年後…

軒轅剣外伝 楓之舞[編集]

  • 原題:『軒轅劍外傳 楓之舞』
  • 発売年月日:1995年1月6日
  • CGモード:2D
  • 時代:戦国時代
  • 説明:

『楓之舞』から、実在の歴史に基づいて架空のストーリーを展開するのは、軒轅剣シリーズの特徴になった。そして、『楓之舞』からも、「機関術」は軒轅剣シリーズの重要な要素になった。

主人公の輔子徹は戦国時代の思想家、科学者墨子の弟子。鬼谷子の弟子-蜀桑子の陰謀を見つかった輔子徹たちは、蜀桑子と止めるために、冒険の旅を始まった。

軒轅剣参 雲と山の彼方[編集]

『軒轅剣参』の舞台はユーラシア大陸。その壮大な世界観と史詩的な物語はプレイヤーの心を打たれた。

主人公は、東方人の血統を持つフランク王国の騎士。主人公たちは、ピピンの命令によって、「戦争不敗の法」を探すために、ヨーロッパのウェニスから大唐帝国長安までの長い旅を経験した。だが、最後、主人公が探すのは「戦争不敗の法」ではなく、「王道」と言うものだと分かった。本物の「戦争不敗の法」は、「王道」で戦争を避けて、人民を戦争の被害者にならないようにすることだった。

一般的には、ストーリーの展開を「ヨーロッパ編」「アラビア編」「大唐編」三部分に分ける。

軒轅剣参外伝 天之痕[編集]

  • 原題:『軒轅劍參外傳 天之痕』
  • 発売年月日:2000年12月2日
  • CGモード:2D
  • 時代:
  • 説明:

「天之痕」の意味は「天空の裂け目」。『天之痕』は『雲と山の彼方』の前伝に相当する物語。舞台は隋末→唐初。『天之痕』からは、「太古十大神器」は完全な概念と世界観になった。

隋末、災難の象徴で「妖星」と呼ばれた「赤貫星」は、夕方の空に現れた。主人公・陳靖仇は滅亡した南朝の末裔(王子)で、師匠の恩情を答えるために、陳の復興の旅を始まった。旅中、二人の娘さんとの複雑な感情に絡みつかれた。

『天之痕』のストーリーラインは二つ。陳靖仇以外、もう一つの「裏・主人公」がいる。それは隋の太師の宇文拓。本物の敵キャラの独孤寧珂の陰謀によって、主人公一行と宇文拓一行の間には、深い誤解になる。最後に、やっと真実が分かった。実は、これは、神州と魔界の戦い。でももう遅かった。太古の神々による「神州九天結界」はもう引き裂かれて、魔界の妖魔たちが神州に侵入していた。この「天之痕」を封印するために、「太古十大神器」は必要だった。最後の戦いは始まった。

軒轅剣戦略版 軒轅伏魔録[編集]

  • 原題:『軒轅劍戰略版 軒轅伏魔錄』
  • 発売年月日:2001年2月
  • CGモード:3D+2D
  • 時代:確実な時代不明だが、だと思われる。
  • 説明:

軒轅剣シリーズの唯一のS・RPG(戦略ロールプレイングゲーム)。バックが3D、キャラが2D。軒轅剣シリーズが2Dから3Dへ転変の作品である。

主人公は墨家の弟子の輔子洵。墨門は不明な敵に滅ぼされた。真相を探すために、輔子洵は妖魔との戦いは始まった。いろんな困難と危険に遭って、最後に敵の首領の九天を倒して、墨門を復興した。

軒轅剣肆 黒龍舞兮雲飛揚[編集]

  • 原題:『軒轅劍肆 黑龍舞兮雲飛揚』
  • 発売年月日:2002年8月4日
  • CGモード:3D
  • 時代:
  • 説明:

『軒轅剣肆』は『楓之舞』の後伝に相当する物語で、機関術の大活躍の作品。舞台は、秦始皇六国を壊滅して、天下を統一した後の時代。主人公の水鏡は、墨家の女弟子で、軒轅剣シリーズの初めての女性の主人公でもある。

統一した秦王朝は、墨家の弟子たちを討伐して、消滅しようとしていた。墨家はひどい目に遭った。秦から墨家を助けるために、水鏡は墨家の禁令を無視して、墨家が今まで厳禁していた「機関術」を研究することを決めた。そして、「機関術」の研究中に、もう二つの神秘的な力を発見した。一つは華夏の太古時代の「雲中界」の力で、もう一つは古代の蜀文明の超科学究極兵器「黒火」である。

楓之舞のキャラの「壺中仙」も、『軒轅剣肆』に活躍していて、人気キャラになった。結局、命の最後の壺中仙は「天下統一よりも偉大な理想」と言う千年の宿願は実現しなかった。

軒轅剣外伝 蒼之涛[編集]

  • 原題:『軒轅劍肆外傳 蒼之濤』
  • 発売年月日:2004年2月6日
  • CGモード:3D
  • 時代:春秋時代
  • 説明:

『蒼之涛』は、軒轅剣シリーズには最も複雑な作品かもしれない。「平行歴史」と言うアイデアを取り入れて、三つの平行歴史のキャラが登場した。舞台は春秋時代の前期。主人公は、純真の少女の車芸。

車芸は令狐国の少女で、「木甲術」と言う機関術を精通した。彼女のおじいさんの車大夫は、木甲術を研究したため、北宮大夫に誣告されて、国王に全一族殺された。車芸はまだ若いから、死刑を免れたが、刖刑(足切りの刑罰)に処刑された。でも、単純な車芸は、「木甲術」でも国を助けられるのを証明するために、令狐国を侵攻した国軍と戦った。

ストーリーの展開とともに、「九龍子」、「女剣士」、「七曜使者」など神秘的なキャラと組織が登場した。千年後の「晋」と「秦」の淝水の戦いをめぐって、大義と大義の対決は始まった。国家、民族の大義と普通の親友は、どちらが重要なのか?この大時代の歴史と比べると、人間は眇たるもの。個人の運命は、海の蒼茫な波濤の中に浮いたり沈んだりしている木片のようなものだけだ…

軒轅剣伍 一剣凌雲山海情[編集]

  • 原題:『軒轅劍伍 一劍淩雲山海情』
  • 発売年月:2006年8月
  • CGモード:3D
  • 時代:異世界の「山海界」(漢之雲発売から三国~西晋に認める)
  • 説明:

『軒轅剣伍』は、異世界「山海界」の物語で、中国の神話地理書『山海経』の世界をモデルにする世界である。

太古時代、人間と妖魔の大戦が長い時間に続いた。神々は、この戦争を止めるために、東皇鐘でもう一つの世界「山海界」を作った。非人間の種族はすべて山海界に移された。炎帝の「四霊諸侯」青龍白虎朱雀玄武も含まれていた。四霊諸侯は山海界で不明な「火の妖」を封印した。だが、何千年後、山海界はまた気候異変、強く熱くなって、万物は成長できなくなった。新たな災難がきたか?。

主人公は若者の陸承軒。彼は人事不省の時、原因不明で知らない世界に来た。この世界には、「毛民国」「青龍国」「玄武国」「女子国」などさまざまな国と種族がいる。そして、この世界は、なんか知らない災難がだんだんくるような感じがあった。あと、この世界は「山海界」と呼ぶのが知った。そして、熱くなる原因は、朱雀国の陰謀だと思われるから、白原連盟と朱雀国」の戦争に巻き込まれた。だが、真実は本当にこんなに簡単なのか?

『軒轅剣伍』のEndは二つ。一般的には、普通End。28個の「星耀石」を全部集めると、隠しEndが達成できる。

軒轅剣外伝 漢之雲[編集]

  • 原題:『軒轅劍外傳 漢之雲』
  • 発売年月日:(台湾・香港)2007年12月、(大陸)2009年1月
  • CGモード:3D
  • 時代:三国時代

物語の背景は、三国時代、の諸葛亮の北伐戦争。主人公チームのメインキャラは、架空の組織「飛羽部隊」の隊員。「飛羽」の名の由来は、蜀漢の武将の「関羽」と「張飛」の名前。飛羽部隊は、蜀漢の正規軍と違って、秘密に行動する特殊な部隊で、隊員はただ十人。飛羽部隊の首領は「四使」と言う仮面をかけた四人。隊員は二つのチーム「飛之部」と「羽之部」に分かれて、それぞれ任務を実行する。

主人公の焉逢は、羽之部の隊長で、体には不明な力があった。彼は隊員たちを率いて、丞相の諸葛亮の北伐戦争のために戦った。羽之部の隊員の間にも、仲間の本当の身分知らなかった。ストーリーの展開とともに、隊員の一つ、ヒロインの横艾は、変な行動のために、遊兆に疑われた。それに、戦争に巻き込まれた人民の悲惨な光景を見た焉逢は、北伐の正義を疑うようになる。最後、焉逢は自分の本体が分かった、立場が違うため、以前の仲間・親友の彊梧と反目した。結局、個人の運命は歴史から逃げられなかった。

軒轅劍三国作の一つ特徴は、蜀漢の軍隊自身を「大漢」、「漢」で呼んでいる、その一方、「魏」から蜀漢が「蜀寇」(蜀地の盗賊)で呼んでいる。

軒轅劍外伝 雲之遥[編集]

  • 原題:『軒轅劍外傳 雲之遙』
  • 発売年月:2010年1月12日
  • CGモード:3D
  • 時代:三国時代
  • 説明:

『雲之遥』は『漢之雲』の姉妹編。

主人公は徐庶の子、魏の生まれた十七歳少年、徐暮雲。

軒轅劍陸 鳳凌長空千載云[編集]

  • 原題:『軒轅劍陸 鳳凌長空千載云』
  • 発売年月:2013年8月9日
  • CGモード:3D
  • 時代:
  • 説明:

その他[編集]

  • 1994年11月、『軒轅剣弐 日本語版』発売。
  • 1998年4月24日、『軒轅剣』『軒轅剣弐』『軒轅剣外伝 楓之舞』を含む『軒轅剣黄金記念版』発売。
  • 2000年2月、『軒轅剣参 オリジナルサウンドトラック』。
  • 2000年8月、『軒轅剣参 漫画版』。
  • 2002年8月4日、『軒轅剣肆 漫画版』『軒轅剣肆 小説版』。
  • 2008年9月、『軒轅剣参外伝 天之痕 携帯版』。

軒轅剣シリーズオンラインゲーム一覧[編集]

軒轅剣網路版[編集]

※詳細は軒轅剣網路版を参照。 略に『軒網』とも呼ぶ。

軒轅II 飛天歴険(Dream Of Mirror Online)[編集]

※詳細は飛天オンラインを参照。

軒轅剣網路版 天之痕[編集]

略に『天之痕OL』とも呼ぶ。 ※詳細は天之痕OLを参照。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]