車智チョル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
本来の表記は「車智澈」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
車智澈 (チャ・ジチョル)
各種表記
ハングル 차지철
漢字 車智澈
発音: チャ・ジチョル
日本語読み: しゃ・ちてつ
テンプレートを表示

車 智澈(チャ・ジチョル、1934年11月16日 - 1979年10月26日)は、大韓民国軍人政治家で、後に大統領警護室長となり、朴正煕暗殺事件で大統領と共に金載圭KCIA部長に射殺された。朴正煕に忠誠を尽くして重用され、典型的な軍人気質で、横柄な態度と粗野な振る舞いに眉をひそめる者も多かったと言われる。

生涯[編集]

京畿道利川郡麻長面の農家に生まれるが、経歴上は京城府(またはソウル特別市)出身。朝鮮戦争には学徒兵として出征。韓国陸軍士官学校11期の試験に落ちた後、陸軍甲種将校砲兵幹部候補生として少尉となり、アメリカ陸軍士官学校(ウェストポイント)に留学。1959年空輸特戦団(韓国軍の空挺部隊)に配属された。その後、再度米国に留学、ジョージア州ポートベニングのレンジャースクールで降下訓練を受ける。ある時、韓国軍留学生たちは米軍兵士と2人一組でペアを組み、M60機関銃を交互に担いで深夜ワニの住む沼を一周するという訓練を受けた。しかし車はペアの米兵に暴力沙汰を引き起こしてしまう。一時は連帯責任で留学生全体の帰国まで危ぶまれたが、米兵が車との連携を怠っていたことが認められ、処分を免れた[1]

1960年に帰国して大尉に昇進、第1空輸団の中隊長となる。またこの頃朴正煕少将と知り合う。翌1961年には朴正煕の5・16軍事クーデターに呼応し金浦で蜂起、海兵隊とともにソウルを目指した。道中、第一漢江橋にて決起軍を鎮圧せんとする憲兵隊の足止めを食らったが、車は自ら率先して橋を強行突破、決起軍のソウルへの進路が開かれた[1]。クーデターの後に撮影された有名な写真に、迷彩服に手榴弾をぶら下げ、朴正煕の側で周囲を睥睨する車智澈の姿がある[2]。クーデターの成功後、第一漢江橋での功績により国家再建最高会議で国家再建最高会議議長警護次長。1963年10月の大統領選挙で朴正煕が大統領に当選すると、翌10月の総選挙民主共和党(共和党)の全国区候補として立候補し初当選、国会議員となった。1965年日韓基本条約の批准を巡り国会が空転した際、朴正煕の意を酌み実力行使により強行採決し批准させた。以後、第7代第8代第9代の国会議員選挙で連続当選し、共和党の中央常任委員や党務委員、国会の内務・外務委員会の委員長などを歴任した。一方では軍事政変後、朴正煕から勉学の勧めを受けて夜間大学に入学を決意し、1964年国民大学校で政治学修士、1965年には政治学博士の学位を取得したが、権力で買い取ったと言われている[3]1974年文世光事件により更迭された前任者・朴鐘圭の代わりとして、第3代大統領警護室長になった。

1979年10月26日、朴正煕暗殺事件で宴席の場で金載圭に射殺された。殺害の理由は明らかになっていないが、従来より車と金は犬猿の仲であり、一説によれば、当時釜山馬山で起こっていた釜馬民主抗争への対応において、朴正煕が車智澈の強硬策を採用したため、韓国中央情報部の金載圭の立場が脅威に晒されていたためとも言われる。

人物[編集]

警護室の本来の職域を超えて権力を誇示し濫用したため、政敵を多く作り非常に評判が悪かったが、敬虔なキリスト教徒という一面もあり金銭的には清廉だった。車の死後に残された財産は多くなく、彼の年老いた母は養老院で寂しい生活を送った。車の下で警護員を務め後に警護室長となった朴相範は「車室長は生い立ちと陸軍士官学校出身でないことから自己否定感が強く、ために地位を得てから無軌道になったのではないか」と語っている[4]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]