身曾岐神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
身曾岐神社
P1000772 misogi 2.JPG
所在地 山梨県北杜市小淵沢町上笹尾3401
位置 北緯35度51分46.1秒 東経138度20分12.5秒 / 北緯35.862806度 東経138.336806度 / 35.862806; 138.336806座標: 北緯35度51分46.1秒 東経138度20分12.5秒 / 北緯35.862806度 東経138.336806度 / 35.862806; 138.336806
主祭神 天照太神
天徳地徳乍身曾岐自在神
創建 1985年
例祭 8月4日
テンプレートを表示

古神道本宮・身曾岐神社(みそぎじんじゃ)は、山梨県北杜市小淵沢町上笹尾に鎮座する神社である。天照太神、天徳地徳乍身曾岐自在神(井上正鐵)を祀る。宮司は坂田安儀。山梨県知事所轄単立宗教法人[1]

概要[編集]

1985年(昭和60年)、禊教の教主・管長の坂田安儀が創建。身曽岐神社を中心に禊教本部聖地「高天原」を制定した[2]。その後東京都世田谷区瀬田[3]に移されている。身曽岐神社は2004年より宗教法人かむながらのみちの所有となる。

施設[編集]

境内敷地は、約4万坪。境内には、次の建物がある。

  • 本殿 - 唯一神明造
  • 火祥殿
  • 水祥殿
  • 瑞松宮(ずいしょうぐう)
  • 能楽殿
  • 光臨館
  • 養生館 - お休み処

2006年以降、ゆずが度々同内能楽殿でライブを行っており、2008年の公演は『素晴らしきこの世界』として通信販売限定DVDにまとめられている。2011年10月20日にはゆずの北川悠仁と、フリーアナウンサー高島彩が挙式したことで知られるようになった[4]。また、能楽殿においては、2017年auのCM「夏のトビラ・英雄だけの夏」篇のロケが行われた[5][6]

祭神[編集]

  • 天照太神(あまてらすおおかみ) 
  • 天徳地徳乍身曽岐自在神(てんのとくちのとくひつぐみそぎかむながらのかみ、井上正鐵
能楽殿

祭事[編集]

年間祭事[編集]

  • 正月元日:元旦祭、初春火祥大神事
  • 正月12日:初頭祭
  • 2月4日:祈年祭
  • 2月11日:紀元祭
  • 春分の日:春の祖霊祭
  • 4月29日:いのちをまつるみまつり(平和祈願祭)
  • 6月30日:夏越の大祓
  • 8月3日:例大祭宵宮 八ヶ岳薪能
  • 8月4日:例大祭本祭
  • 旧8月15日:観月祭
  • 秋分の日:秋の祖霊祭
  • 11月23日:新嘗祭
  • 12月12日:創立記念祭、火祥大祈願祭
  • 12月31日:年越の大祓、除夜祭

月間祭事[編集]

  • 毎月1日:水祥殿月次祭
  • 毎月12日:本殿月次祭
  • 毎月2日、12日、22日:火祥神事(於・火祥殿、午後2時齋行)

関連文献[編集]

  • 禊教経典研究所編『井上正鐵神御文書』禊教本院、1982年
  • 坂田安儀著『高天原、いざ』四海書房、1986年
  • パンフレット『古神道本宮 身曾岐神社』身曾岐神社

脚注[編集]

外部リンク[編集]