躁公 (秦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
躁公
第18代公
王朝
在位期間 前442年 - 前429年
都城 雍城
諡号 躁公
生年 不詳
没年 前429年
厲共公
陵墓 丘里(悼公陵南)

躁公(そうこう、? - 紀元前429年)は、の第18代公。厲共公の子。

生涯[編集]

厲共公34年(前443年)、厲共公が薨去したため、後を継いで秦公となった。

躁公2年(前443年)、南鄭[1]が叛いた。

躁公13年(前430年)、義渠(ぎきょ)[2]渭水の北まで来攻した。

躁公14年(前429年)、薨去し、弟の懐公が立って秦公となった。

脚注[編集]

  1. ^ 現在の陝西省漢中市南鄭県
  2. ^ (じゅう)の一種。

参考資料[編集]

  • 史記』(秦本紀第五)