踊正太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
踊 正太郎
Yo shotaro 2.jpg
基本情報
出生名 進藤 正太郎
別名 ショウタロー
生誕 (1977-01-23) 1977年1月23日(41歳)
出身地 日本の旗 日本茨城県石岡市
学歴 茨城県立盲学校卒業
ジャンル 邦楽民謡津軽三味線
活動期間 1983年 -
レーベル キングレコード
公式サイト 踊正太郎オフィシャルサイト
著名使用楽器
三味線

踊 正太郎(よう しょうたろう、1977年1月23日 - )は、日本津軽三味線演奏家。津軽三味線踊正太郎流家元。いばらき大使。

血液型O型。身長162cm体重70kg趣味は電車・バス旅、落語観賞

人物[編集]

生まれながら視力がなく、舞踊教授であった祖母の稽古場で民謡を聴いて育つ。

3歳の誕生日プレゼントの三味線を「音の出るおもちゃ」と思い夢中でかき鳴らしていた。次第に音程を取るようになり6歳から井坂斗絲幸師に津軽三味線を学ぶ。

同時に茨城県立盲学校に入学するが、三味線を追求したく寄宿舎には入らず往復3時間半の道のりを12年間通学した。

高校2年のとき、腕試しに初めて挑戦した津軽三味線全国大会で6位に入賞したことが転機となり将来を決めた。

この頃から視覚障害者職業選択の自由を強く意識するようになり、大学進学を止め高等部で卒業後、単身で津軽三味線本場の青森県弘前市へ移住し修行する。

津軽三味線第一人者の名人・山田千里師の下で研鑽を積み、大会初出場から4年後の20歳でようやくチャンピオンになりプロデビュー。

津軽三味線は、津軽地方(青森県西部)でボサマ(坊様)と呼ばれた男性視覚障害者門付芸として発展・伝承してきたが、現在、視覚障害のある演奏家は唯一無二。

津軽民謡の古典曲を継承するも、現代合奏曲や独奏曲の作曲も手がける絶対音感を持つ奏者である。

来歴[編集]

1980年、3歳で茨城県芸術祭にて民謡・秋田小原節を唄い初舞台を踏む。

6歳より津軽三味線奏者の井坂斗絲幸師に入門する。

16歳で津軽三味線全国大会に初出場ながら6位で衝撃的デビューと話題になる。

更なる津軽の音を求め、盲学校高等部卒業と同時に青森県へ移住し、弘前市在住の名人・山田千里師の内弟子となる。

1997年1998年1999年、津軽三味線全国大会(青森県弘前市)で三連覇。

2000年、芸道へ導いた祖母(進藤よう)が他界後、進藤正太郎(しんどう しょうたろう)から踊正太郎(よう しょうたろう)へ改名する。

2005年、踊正太郎流・正太郎の会を創設。

2008年、津軽三味線日本一決定戦(青森県青森市)で第2代日本一となる。

2012年、CD「津軽五大民謡」(キングレコード)によりメジャーデビュー。

2017年、「いばらき大使」、「石岡市ふるさと大使」に就任。

ディスコグラフィ[編集]

オリジナルアルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1 2004年3月6日 しゃかりき SKRK-2411
2 2007年1月22日 Hibiki SKRK-2081
3 2008年12月22日 YO!FANTASTIC! SKRK-2083
4 2012年8月8日 津軽五大民謡 KICH-253 キングレコード
5 2013年1月23日 津軽三味線 KICH-255 キングレコード
6 2015年2月25日 ときわ KICH-291 キングレコード

参加アルバム[編集]

発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1998年7月18日 TSUGARU MODERN
2014年5月14日 キングスーパーツイン 津軽三味線2014 KICW-9601〜2 キングレコード
2014年10月22日 津軽三味線小山貢民謡集 第12集 邦楽社
2016年5月11日 キングスーパーツイン 津軽三味線2016 KICW-5787〜8 キングレコード

配信限定アルバム[編集]

発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
2017年7月19日 伝統芸能 民謡100撰 キングレコード V.A.

書籍[編集]

単行本[編集]

  • 母さん、ぼくに光をください(緑川崇久著・ポプラ社 1994年10月)
  • 心に響く言の葉(佐藤嘉道著・気天舎 2006年9月)

教養[編集]

  • 月刊誌「道徳と特別活動」今、君たちに伝えたいこと(文溪堂 2007年8月)

  

記録映像[編集]

成績[編集]

  • 第12回津軽三味線全国大会6位入賞(1993年
  • 第16回津軽三味線全国大会チャンピオン(1997年
  • 第17回津軽三味線全国大会二連覇(1998年
  • 第18回津軽三味線全国大会三連覇(1999年
  • 第21回津軽小原節唄付け全国大会優勝(2002年
  • 第23回津軽よされ節唄付け全国大会優勝(2004年
  • 第25回津軽じょんから節唄付け全国大会優勝(2006年
  • 第2回津軽三味線日本一決定戦日本一(2008年

受賞[編集]

  • 第6回チャレンジ賞・社会福祉法人視覚障害者支援総合センター(2008年
  • 第10回塙保己一賞奨励賞・埼玉県(2016年

外部リンク[編集]