跳弾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

跳弾(ちょうだん)は、目標に命中しなかったなどが舗装装甲板などに当たって跳ね返る現象。反射により弾の威力は減じられる。

概要[編集]

弾丸が当たる角度、当たる物体の密度硬度形状により跳弾の発生の有無、威力や反射角は大きく変化する。あらかじめ跳弾の発生を予測することで被害の発生対策を講じたり、あえて跳弾を意図的に発生させることで被害の拡大もしくは軽減する効果を狙うことができる。

跳弾の発生を利用するもの[編集]

跳弾の防止[編集]

  • 射撃練習場の構造 - 屋内の射撃場では、あらかじめ内部に跳弾防止用のタイルやブロックが施工される[1]。屋外の射撃場では、射手の周囲には跳弾を防ぐために舗装はしないなどの措置が講じられる[2]
  • 銃弾の構造 - 跳弾を防ぐために金属粉を押し固めて作られる銃弾(フランジブル弾)が用いられることがある[3]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 跳弾を防ぐ射撃用専用材”. 高橋産業株式会社. 2020年1月1日閲覧。
  2. ^ 射撃場に係る鉛汚染対策について p52”. 環境省ホームページ. 2020年1月1日閲覧。
  3. ^ フランジブル弾とは?その威力や設計概要を解説!”. 暮らしーの (2019年10月30日). 2020年1月1日閲覧。

関連項目[編集]