跡見裕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

跡見 裕(あとみ ゆたか、1944年(昭和19年)12月5日 - )は日本の外科医。愛知県出身。専門は膵臓、胆道外科。東京大学医学部卒業後、東京大学第一外科を経て、杏林大学教授、杏林大学学長を歴任。昭和天皇の手術時は医師団の一員として診療にあたった。日本消化器病学会、日本消化器関連学会機構、日本超音波医学会日本成人病(生活習慣病)学会の各理事長を歴任。アジアオセアニア膵臓学会を設立し初代のPresident。現在は日本臨床外科学会会長。跡見花蹊と遠戚にあたる適塾出身の蘭学者である跡見玄山から4代目[1][2]。義兄は宮崎秀樹元参議院議員。令夫人は跡見順子東京大学名誉教授。

略歴[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]