足羽進三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

足羽 進三郎(あすわ しんざぶろう、1911年 - 1998年)は、日本農学者官僚実業家。専門は協同組合論。北海道大学名誉教授札幌学院大学名誉教授。生活協同組合コープさっぽろ会長北海道出身。門下生に村岡範男

来歴[編集]

受賞歴[編集]

勲二等瑞宝章(1988年)

著書[編集]

  • 『農協の現状と課題』(編著, 東洋経済新報社, 1974年)
  • 『農業協同組合の研究』(編著, 北海道大学図書刊行会, 1976年)

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベース

参考文献[編集]

足羽進三郎先生定年退官記念事業会編『足羽進三郎先生 : 最終講義, 著作目録, 履歴』(足羽進三郎先生定年退官記念事業会、1976年)

先代:
-
札幌商科大学商学部長
初代:1977年 ‐ 1981年
次代:
渡辺貞雄
先代:
小林傭佶
学校法人札幌学院大学副理事長
第5代: 1979年 ‐ 1982年
次代:
渡辺貞雄
先代:
石河英夫
札幌学院大学学長
第4代: 1982年 ‐ 1988年
次代:
荘子邦雄