足立区の町名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 関東地方 > 東京都 > 足立区 > 足立区の町名

本項足立区の町名(あだちくのちょうめい)では、東京都足立区に存在する、または過去に存在した町名を一覧化するとともに、明治時代初期以来の区内の町名の変遷について説明する。

足立区の前史と行政区画の移り変わり[編集]

東京都足立区は、昭和7年(1932年)10月1日、従前の南足立郡千住町西新井町梅島町江北村綾瀬村東淵江村花畑村淵江村伊興村舎人村(とねりむら)の3町7村の区域をもって成立した(当時は東京市の区であった)。以下、明治時代初期から足立区成立までの行政区画の変遷について略述する。

南足立郡成立まで[編集]

現在の足立区の区域は、かつては武蔵国足立郡のうちであった。足立郡の名は、古くは『続日本紀』にみえ、武蔵国東部の広範な地域を占めていた。かつての足立郡は大部分が現在の埼玉県に属し、南端の一部が現在の東京都足立区となっている。

現行の足立区にあたる地域は、近世には幕府領で、大部分が淵江領、一部が舎人領に属した。近世末には奥州街道の宿場であった千住宿のほか、以下の41村が存在した。

本木村、興野村(おきのむら)、西新井村、梅田村、島根村、栗原村、小右衛門新田、沼田村、鹿浜村、鹿浜新田、加々皿沼村、高野村(こうやむら)、谷在家村(やざいけむら)、宮城村、小台村(おだいむら)、堀之内村、次郎左衛門新田、弥五郎新田、五兵衛新田、伊藤谷村、佐野新田、北三谷村(きたさんやむら)、蒲原村(かばはらむら・かばらむら)、大谷田村、普賢寺村、長右衛門新田、花又村、内匠新田(たくみしんでん)、六ツ木村、久左衛門新田、長左衛門新田、久右衛門新田、嘉兵衛新田、辰沼新田、保木間村、六月村(ろくがつむら)、竹塚村(たけのづかむら)、伊興村、舎人村(とねりむら)、入谷村、古千谷村

明治維新以降、千住宿と足立郡南部の村々は武蔵知県事の支配を経て、明治2年1月(1869年2月)には小菅県に属した。明治4年7月(1871年8月)、廃藩置県が実施された。同年11月(1872年1月)、従来の東京府品川県、小菅県が廃止されて、新しい東京府が設置され、足立郡のうち小菅県管轄だった部分も東京府に編入されることとなった。同じ時期に府内は6大区・97小区に分けられた(いわゆる大区小区制)。明治7年(1874年)3月、区割りが見直され、あらためて11大区・103小区が設置された。後に足立区となる区域は、このうちの第10大区第4〜6小区に属していた。なお、上に列挙した村のうち、舎人村は廃藩置県後は埼玉県に属し、明治8年(1875年)に東京府に編入されている。

千住宿は、近世には千住一〜五丁目、掃部宿(かもんじゅく)、河原町、橋戸町、小塚原町、中村町の10町に分かれていた。千住一〜五丁目は本宿とも呼ばれ、近世初頭に整備された千住宿の区域で、現行の千住一〜五丁目にあたる。掃部宿、河原町、橋戸町は現行の千住仲町、千住河原町、千住橋戸町に相当。隅田川の対岸(南)に位置する小塚原町と中村町は足立郡でなく豊島郡に属し、現行の荒川区南千住のうちである。これら10町は明治2年、千住一〜五丁目が千住宿北組、掃部宿、河原町、橋戸町が千住宿中組、小塚原町と中村町が千住宿南組と改められた(明治11年、千住北組・千住中組・千住南組に再改称)。

その後、郡区町村編制法の施行に伴い、大区小区制は廃止され、明治11年(1878年)11月2日、東京府下に15区6郡(荏原、南豊島、北豊島、東多摩、南足立、南葛飾)が置かれた。後に足立区となる区域は、このうちの南足立郡にあたる。その後、葛飾区との区境変更等があったものの、東京府南足立郡の範囲が現行の東京都足立区に相当するとみて大過ない。

東京市成立以降[編集]

明治22年(1889年)、市制町村制が施行され、東京市(15区からなる)が成立、府下の6郡は、既存の町村が整理統合されて85町村となった。南足立郡では、千住北組・千住中組が千住町となり、他の41村は廃置分合(合併)により8村に編成された。なお、千住南組は明治11年以降、北豊島郡に属している。

新たに発足した千住町及び8村と、これらの前身である旧村名との対応は以下のとおりである。

  • 千住町 - 千住北組、千住中組及び本木村、興野村、(旧)西新井村、島根村、栗原村、小右衛門新田の各一部[1]
  • 西新井村 - 本木村、興野村、西新井村
  • 梅島村 - 梅田村、島根村、栗原村、小右衛門新田
  • 江北村 - 沼田村、鹿浜村、鹿浜新田、加々皿沼村、高野村、谷在家村、宮城村、小台村、堀之内村、
  • 綾瀬村 - 次郎左衛門新田、弥五郎新田、五兵衛新田、伊藤谷村
  • 東淵江村 - 佐野新田、北三谷村、蒲原村、大谷田村、普賢寺村、長右衛門新田、
  • 花畑村 - 花又村、内匠新田、六ツ木村、久左衛門新田、長左衛門新田、久右衛門新田、嘉兵衛新田、辰沼新田、
  • 淵江村 - 保木間村、六月村、竹塚村、伊興村、
  • 舎人村 - 舎人村、入谷村、古千谷村

上に列挙した旧村名は、新たに設置された村の大字として存続した(例:本木村 → 西新井村大字本木)。明治24年(1891年)、淵江村の大字伊興が分離し、再度、伊興村となった(これにより、南足立郡は1町9村に)。昭和3年(1928年)、西新井村と梅島村が町制を施行し、それぞれ西新井町、梅島町となった(南足立郡は3町7村に)。

昭和7年(1932年)10月1日、東京市は周辺の5郡(荏原、北豊島、豊多摩、南足立、南葛飾)に属する82町村を編入し、いわゆる大東京市が成立した。なお、従前の6郡のうち、南豊島郡と東多摩郡が明治29年(1896年)に合併して豊多摩郡となっている。編入された82町村は20区に編成され、東京市は既存の15区と合わせ、35区から構成されることとなった。この時、上述の3町7村の区域をもって足立区が新設された。

昭和9年(1934年)、葛飾区柳原町(旧南葛飾郡南綾瀬村のうち)が、足立区に編入された。この区境変更は、荒川放水路(現・荒川)の開削により、柳原地区が葛飾区の主要部と分断されたことによる。

昭和18年(1943年)7月1日、東京府と東京市が廃止されて、新たに東京都が設置された。この時、足立区を含む35区は東京都直轄の区となった。昭和22年(1947年)3月15日、35区は22区(同年8月、板橋区から練馬区が分離して23区)に再編される。この時は足立区の区域に変更はなかった。

新旧町名[編集]

旧村名・大字名・町名[編集]

旧・千住町では、足立区成立の前年の1931年(昭和6年)、町内を大字で区分し、この大字名が足立区の成立後にも「千住」を冠する形で引き継がれた(例:千住町大字柳町 → 足立区千住柳町。大字本町だけは例外で、足立区成立後に「千住」と地名が変更されている)。区内の千住町以外の地区では、旧大字名(明治22年以前の旧村名)が、区成立後の町名に引き継がれたものと、名称変更されたものとがある。

  • (地名が継承された例)南足立郡小右衛門新田 → 南足立郡梅島村大字小右衛門新田 → 足立区小右衛門町
  • (地名が変更された例)南足立郡長左衛門新田 → 南足立郡花畑村大字長左衛門新田 → 足立区下谷中町

住居表示と町名地番整理[編集]

足立区では、1964年から順次区内の住居表示が実施されているが、2010年現在、千住地区・舎人地区の一部に住居表示未実施地区が存在する。なお、足立区では住居表示法施行以前の1958年から一部地域で町名地番整理が進められている。また、伊興地区、舎人地区では、1968年から1970年にかけて土地区画整理に伴う町名地番整理(住居表示法ではなく地方自治法に基づく町字名の変更)が実施されている。

住居表示実施により新たに成立した町名の中には、従前の町名・村名を継承せず、新たに命名されたものも多い。青井一〜六丁目の「青井」は、旧伊藤谷村の耕地名であった精出耕地(せいだしこうち)の「精」「耕」の2字の旁から命名したもの。弘道一・二丁目の「弘道」は、地元の小学校名に由来する。

飛地[編集]

住居表示実施以前の足立区の各町は、かつての耕地の所有関係を反映して、多くの飛地を有し、町界が複雑であった。栗原町と島根町は遠隔地に大規模な飛地があり、これらは後に独立して東栗原町、東島根町となった。小右衛門町、上沼田町、加賀皿沼町、北鹿浜町、入谷町、舎人町などは、1つのまとまったブロックではなく、多くの飛地の集合体であった。中でも入谷町と舎人町の境界は複雑で、入谷町内に舎人町の飛地が数十か所あり、舎人町の飛地の中にさらに入谷町の飛地があって、二重飛地になっている箇所もあった。

新旧地名対照表[編集]

以下は、住居表示・町名地番整理実施以前の、1960年現在の町名と現行町名の対照表である。

  • 住居表示が1月1日に施行されている場合は、その前年を旧町名の廃止年とした。
町名
(1960年現在)
町成立直前の旧地名 町の成立年 町の廃止年 現町名 備考
千住一〜五丁目 千住町大字本町 1932 - 千住1〜5 1・4・5丁目は1980年住居表示実施
二・三丁目は存続、一・四・五丁目は町名のみ存続
千住旭町 千住町大字旭町 1932 - 千住旭町 1968年住居表示実施
千住東町 千住町大字東町 1932 1968 千住東1・2
千住関屋町 千住町大字関屋町 1932 - 千住関屋町 1968年住居表示実施
千住曙町 千住町大字曙町 1932 - 千住曙町 1968年住居表示実施
千住仲町 千住町大字仲町 1932 - 千住仲町 1980年住居表示実施
千住橋戸町 千住町大字橋戸町 1932 - 千住橋戸町 住居表示未実施
千住河原町 千住町大字河原町 1932 - 千住河原町 1980年住居表示実施
千住緑町 千住町大字緑町 1932 - 千住緑町1〜3 2・3丁目は1990年住居表示実施
町名は千住緑町1〜3丁目として存続
千住宮元町 千住町大字宮元町 1932 - 千住宮元町 1968年住居表示実施
千住中居町 千住町大字中居町 1932 - 千住中居町 1969年住居表示実施
千住寿町 千住町大字寿町 1932 - 千住寿町 1969年住居表示実施
千住大川町 千住町大字大川町 1932 - 千住大川町 1968年住居表示実施
千住柳町 千住町大字柳町 1932 - 千住柳町 1968年住居表示実施
千住竜田町 千住町大字竜田町 1932 - 千住竜田町 1968年住居表示実施
千住元町 千住町大字元町 1932 - 千住元町 1969年住居表示実施
千住桜木町 千住町大字桜木町 1932 1970 千住桜木1・2
千住高砂町 千住町大字高砂町 1932 1964 足立1〜3、梅田1
千住末広町 千住町大字末広町 1932 1965 足立3・4、梅田7
千住若松町 千住町大字若松町 1932 1964 中央本町2
千住弥生町 千住町大字弥生町 1932 1966 中央本町1・2、梅島1
千住栄町 千住町大字栄町 1932 1966 中央本町1〜4、梅島1・2
千住八千代町 千住町大字八千代町 1932 1970
(実質)
梅田1・3・4、関原1 荒川河川敷部分のみ1989年まで存続
柳原町 南綾瀬村柳原 1932 1962
(実質)
柳原1・2 もとは葛飾区の町名、1934年足立区に編入。荒川河川敷部分のみ1989年まで存続
日ノ出町一〜三丁目 綾瀬村弥五郎新田 1932 1961
(実質)
日ノ出町、足立2 1934年、一部を葛飾区へ編入。1・3丁目は荒川河川敷部分のみ1989年まで存続[2]
五反野南町 綾瀬村弥五郎新田 1932 1966 足立2・3、西綾瀬1〜4
五反野北町 綾瀬村弥五郎新田 1932 1966 弘道1・2、青井3・4
伊藤谷北町 綾瀬村伊藤谷 1932 1966 青井3・4
伊藤谷西町 綾瀬村伊藤谷 1932 1966 足立3、西綾瀬2・3、弘道1・2
伊藤谷東町 綾瀬村伊藤谷 1932 1965 綾瀬4〜6
伊藤谷本町 綾瀬村伊藤谷 1932 1966 綾瀬1・3〜5、西綾瀬1・3・4
五兵衛町 綾瀬村五兵衛新田 1932 1968 綾瀬3〜5・7、西綾瀬3・4、弘道2、青井3・4、加平1
二ツ家町 綾瀬村保木間 1932 1966 青井(丁目不明) もと保木間村飛地
四ツ家町 綾瀬村次郎左衛門新田 1932 1966 弘道1・2、青井1〜4
普賢寺町 東淵江村普賢寺 1932 1965 綾瀬2〜6、東綾瀬1〜3
北三谷町 東淵江村北三谷 1932 1965
(実質)
東綾瀬1〜3、東和1・2、谷中(丁目不明)、中川(丁目不明) 1960年一部が北三谷町1・2丁目、東谷中町となり、1965年町名再変更。常磐線線路敷部分のみ1985年まで北三谷町として存続。
蒲原町 東淵江村蒲原 1932 1965 東和1・3 1960年一部が蒲原町1〜3丁目、東谷中町となり、1965年町名再変更。
大谷田町 東淵江村大谷田 1932 1976 大谷田1〜5、佐野1、中川1・3・5、谷中2・3・5、東和(丁目不明) 1960年一部が大谷田町1〜3丁目・大谷田新町1・2丁目となり、1965年町名再変更。
長門町 東淵江村長右衛門新田 1932 1973 中川1〜3、大谷田3・4
佐野町 東淵江村佐野新田 1932 1976 大谷田2・5、六木1、谷中5、佐野1・2
六木町 花畑村六ツ木 1932 1978[3] 佐野1・2、六木1〜4、神明2・3
神明町 花畑村久左衛門新田 1932 1978 神明1〜3、神明南1・2、六木3・4、北加平町
内匠町 花畑村内匠新田(飛地) 1932 1978 加平3、谷中4、神明南1
内匠本町 花畑村内匠新田 1932 1978 南花畑3
辰沼町 花畑村辰沼新田 1932 1976 谷中3〜5、大谷田5、辰沼1・2
上谷中町 花畑村久右衛門新田 1932 1976 大谷田4、谷中1〜5
下谷中町 花畑村長左衛門新田 1932 1971 綾瀬6・7、加平1、谷中1・2
東加平町 花畑村嘉兵衛新田 1932 1973
(実質)
北加平町、綾瀬7、加平1〜3、谷中2・4 ごく狭小な河川敷部分のみ1978年まで存続
西加平町 花畑村嘉兵衛新田 1932 1975 青井4・5、西加平1・2、六町1
花畑町 花畑村花又 1932 1978 花畑1〜8、南花畑1〜5、北加平町、加平3、谷中4、辰沼2、六町3・4、保木間(一部)、神明(一部)、神明南(一部)
六町 足立区竹塚町、保木間町、六月町、花畑町 1936 1978 二ツ家1〜4、西加平1・2、六町1〜4 丁目なしの六町は1978年廃止
東栗原町 足立区栗原町(飛地) 1934 1975 青井5・6、中央本町1・3〜5、島根2、平野1〜3、一ツ家1〜4、西加平2
東島根町 足立区島根町(飛地) 1934 1975 青井1・2・4〜6、中央本町1・4・5、島根1・2、平野1〜3、一ツ家1・3
小右衛門町 梅島村小右衛門新田 1932 1975 青井1・2・5・6、中央本町1〜5、梅島2、島根1・2、平野1、梅田3、一ツ家1・3・4
島根町 梅島村島根 1932 1967 梅田8、梅島1〜3、島根1〜4、六月1・2、
栗原町 梅島村栗原 1932 1974 梅島3、竹の塚1、西新井1・2、島根2〜4、六月1・3、栗原1〜4、西新井栄町1〜3
梅島町 足立区千住栄町、千住弥生町、島根町、梅田町 1945 1966 梅田7・8、梅島1・3
梅田町 梅島村梅田 1932 1970 足立4、梅田1〜8、中央本町3、梅島3、西新井栄町1、関原1〜3
本木町一〜六丁目 西新井町本木 1932 1974
(実質)
本木1・2、本木東町本木西町本木南町本木北町1、関原1・2、興野1・2、千住桜木2、小台1 1・3〜6丁目の荒川河川敷部分のみ1989年まで存続[4]
興野町 西新井町興野 1932 1973 西新井本町3〜5、興野1・2、本木2、西新井栄町1・3
西新井町 西新井町西新井 1932 1974 西新井1〜7、西新井本町1〜4、谷在家1、栗原3・4、扇2・3
小台町 江北村小台 1932 1966
(実質)
小台1・2 荒川河川敷部分のみ1989年まで存続。1948年本木町6丁目を編入。
小台大門町 江北村小台 1932 1969
(実質)
江北2 荒川河川敷部分のみ1989年まで存続
南宮城町 江北村宮城 1932 1966
(実質)
宮城1・2、小台2 1961年宮城町に改称。荒川河川敷部分のみ1989年まで存続。
北宮城町 江北村宮城 1932 1974
(実質)
江北1・2・4、西新井本町2、西新井7、扇2 荒川河川敷部分のみ1989年まで存続
高野町 江北村高野 1932 1976 江北1・4~6、西新井本町2、谷在家1、西新井7、扇2・3
下沼田町 江北村沼田 1932 1974
(実質)
江北1〜4、扇2 荒川河川敷部分のみ1989年まで存続
上沼田町 江北村沼田 1932 1987[5] 西新井4・5・7、堀之内1・2、鹿浜4・7・8、江北2〜4・6・7、西新井本町2、谷在家1〜3、扇3、皿沼2・3、西伊興1
北堀之内町 江北村堀ノ内 1932 1971
(実質)
椿1・2、堀之内1・2、江北1〜7、鹿浜1・4〜6 1934年までは北堀内町と表記。荒川河川敷部分のみ1989年まで存続。
南堀之内町 江北村堀ノ内 1932 1969
(実質)
新田3、江北1〜4 1934年までは南堀内町と表記。荒川河川敷部分のみ1989年まで存続。
沼田川端町 江北村沼田 1932 1961 新田3
新田上町 江北村鹿浜新田 1932 1961
(実質)
新田1 荒川河川敷部分のみ1989年まで存続
新田下町 江北村鹿浜新田 1932 1961 新田3
南鹿浜町 江北村鹿浜 1932 1961
(実質)
新田2 荒川河川敷部分のみ1989年まで存続
北鹿浜町 江北村鹿浜 1932 1985
(実質)
堀之内1・2、鹿浜1〜8、椿2、江北7、谷在家3、加賀1・2、皿沼1〜3、入谷7、舎人公園 舎人公園内の狭小地のみ1997年まで存続。
加賀皿沼町 江北村加々皿沼 1932 1985
(実質)
鹿浜5・6・8、谷在家3、加賀1・2、皿沼1〜3、入谷7、西伊興1、舎人公園 舎人公園内の狭小地のみ1997年まで存続。[6]
谷在家町 江北村谷在家 1932 1987[7] 西新井5・7、谷在家1〜3、江北6、皿沼2、西伊興1
六月町 淵江村六月 1932 1978 竹の塚1・2、六月1〜3、東六月町
保木間町 淵江村保木間 1932 1978 保木間1〜5、西保木間1〜4、東保木間1・2、保塚町、花畑(一部)、南花畑(一部)
竹塚町 淵江村竹塚 1932 1975
(実質)
竹の塚1・2・4〜7、西保木間1〜4、六月1、平野2・3、一ツ家1、保塚町、東伊興3 東武伊勢崎線の線路敷部分のみ1999年まで存続
伊興町前沼 伊興村字前沼 1932 1999 竹の塚1・6、伊興本町1・2、西竹の塚2、東伊興3
伊興町見通 伊興村字見通 1932 1987
(実質)
竹の塚1、伊興3、西竹の塚1・2、伊興本町1(道路のみ) 道路部分のみ1997年まで存続
伊興町本町 伊興村字村廻耕地 1932 1987
(実質)
伊興1〜5、伊興本町1(道路のみ) 道路部分のみ1997年まで存続
伊興町大境 伊興村字大境 1932 1987 竹の塚1、伊興1・3、西竹の塚1
伊興町諏訪木 伊興村字諏訪木 1932 1987 西新井3・4、伊興1、西伊興1 伊興1部分で、1987年まで残存
伊興町一丁目 伊興村字一丁目 1932 1967 伊興2、西伊興2 「一丁目」は旧耕地名
伊興町五反田 伊興村字五反田 1932 1968 伊興2・5、西伊興2・3
伊興町槐戸 伊興村字槐戸 1932 1968 西新井4、西伊興1
伊興町京伝 伊興村字京伝 1932 1968 皿沼2・3、西伊興1~3、西伊興町
伊興町番田 伊興村字番田 1932 1968 古千谷本町2、伊興5、西伊興3・4
伊興町吉浜 伊興村字吉浜 1932 1968 伊興5、西伊興4
伊興町聖堂 伊興村字聖堂 1932 1968 東伊興1
伊興町五庵 伊興村字五庵 1932 1997 東伊興1、伊興本町2
伊興町狭間 伊興村字狭間 1932 2001 東伊興4、伊興本町2
伊興町白幡 伊興村字白幡 1932 2001 竹の塚7、西保木間4、東伊興3・4
伊興町谷下 伊興村字谷下 1932 1999 西保木間4、東伊興2・3
古千谷町 舎人村古千谷 1932 1995 古千谷1・2、古千谷本町1〜4、皿沼3(他に舎人、入谷、西伊興、東伊興の各一部) 1970年以降は毛長川北岸のごく狭小な町域のみが1995年まで存続。[8]
舎人町 舎人村舎人 1932 - 舎人1〜6、入谷1〜9、舎人公園 一部存続
入谷町 舎人村入谷 1932 - 入谷1〜9、舎人公園 一部存続
町名地番整理後、あらためて住居表示が実施された町
  • 新田一〜三丁目 - 1960年成立。もとは新田上町、新田下町、沼田川端町、南鹿浜町、南堀之内町の各一部。1966年住居表示(町名は新田一〜三丁目のまま変わらず)。
  • 日吉町 - 1961年成立、1964年廃止。もとは日ノ出町三丁目、五反野南町の各一部。1964年住居表示(現・足立二丁目)。
  • 本木東町、本木西町、本木南町、本木北町 - 各町とも1961年成立。もとは本木町一・三丁目、興野町の各一部。1968年住居表示(町名は本木東町、本木西町、本木南町、本木北町のまま変わらず)。
  • 千住緑町一〜三丁目 - 1958年成立。もとは「丁目」のない千住緑町。1990年、二・三丁目に住居表示実施(町名は千住緑町二・三丁目のまま変わらず。一丁目の住居表示は2010年現在未実施)。
  • 柳原一・二丁目 - 1962年成立。もとは柳原町、千住曙町の各一部。1968年住居表示(町名は柳原一・二丁目のまま変わらず)。
  • 北加平町 - 1962年成立。もとは神明町、花畑町、内匠町、東加平町の各一部。1978年住居表示(町名は北加平町のまま変わらず。ただし、一部を谷中四丁目に編入)。
  • 神明南町 - 1963年成立、1978年廃止。もとは神明町、花畑町、内匠町、辰沼町の各一部。1978年住居表示(現・神明南一・二丁目)。
  • 保塚町 - 1963年成立。もとは保木間町、竹塚町の各一部。1978年住居表示(町名は保塚町のまま変わらず)。
  • 西六町 - 1963年成立、1978年廃止。もとは六町の一部。1978年住居表示(現・六町三丁目)。
  • 大谷田町一〜三丁目 - 1960年成立、1965年廃止。もとは大谷田町、長門町、蒲原町の各一部。1965年住居表示(現・中川・東和のうち)。
  • 大谷田新町一・二丁目 - 1960年成立、1973年廃止。もとは大谷田町の一部。1965・1973年住居表示(現・大谷田・東和のうち)。
  • 北三谷町一・二丁目 - 1960年成立、1965年廃止。もとは北三谷町、蒲原町の各一部。1965年住居表示(現・東綾瀬・東和のうち)。
  • 蒲原町一〜三丁目 - 1960年成立、1965年廃止。もとは蒲原町、長門町、北三谷町、大谷田町の各一部。1965年住居表示(現・東和のうち)。
  • 東谷中町 - 1962年成立、1971年廃止。もとは上谷中町、下谷中町、蒲原町、長門町、北三谷町の各一部。1965・1971年住居表示(現・東和・谷中のうち)。
  • 東伊興町 - 1968年成立、2001年廃止、もとは伊興町聖堂・白幡・狭間・五庵・谷下、竹塚町の各一部。1988年〜2001年住居表示(現・東伊興一〜四丁目)。
  • 西伊興町 - 1968年成立、もとは伊興町吉浜・番田・五反田・京伝・一丁目の各全域と、伊興町諏訪木・槐戸の各一部。1987年〜1988年住居表示(現・西伊興一〜四丁目、西新井四丁目41〜45番)。

 旧西伊興町46番地は皿沼3-1、34へ。69~70番地が、西新井4丁目41~45番地へ。旧西伊興町42~44番が西伊興町として存続。(地名、番地は西伊興町42.43.44番。将来的には、舎人公園の住居表示になる予定)

  • 舎人一〜五丁目 - 1969年成立、もとは舎人町の各一部。1993・1995年住居表示(町名は舎人一〜五丁目のまま変わらず。ただし、入谷町、舎人町、古千谷四丁目のそれぞれごく一部を編入。1985年、六丁目を新設)。
  • 古千谷一〜五丁目 - 1970年成立、三・四・五丁目は1995年廃止。もとは古千谷町の一部。1995年住居表示(現・古千谷本町一〜四丁目。旧・古千谷町の残余全部と、入谷町、舎人一丁目、東伊興町のそれぞれごく一部を編入)。2010年現在、古千谷一・二丁目は存続。(将来的には、舎人公園の住居表示になる予定)
河川敷町名

以下の町は、荒川河川敷部分が住居表示実施対象外となり、河川敷のみの町名として形式的に存続していた。

新田上町、南鹿浜町、下沼田町、北堀之内町、南堀之内町、宮城町、北宮城町、小台町、小台大門町、本木町一・三〜六丁目、千住八千代町、日ノ出町一・三丁目、柳原町(この他、北鹿浜町も町域の大部分が河川敷内にあった。)

これらの町名は1989年5月15日付けで正式に廃止され、隣接の住居表示実施済み地区の町域に編入された。

現行行政地名[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『角川日本地名大辞典 東京都』p.429「千住北組」の項による。
  2. ^ 当初は日ノ出町一・二・三丁目。1934年、二丁目の大部分が葛飾区に編入。1960年、二丁目の残余と一丁目は「日ノ出町」(丁目なし)となる。三丁目は1961年、日吉町に変更(後に足立二丁目に再変更)。一丁目と三丁目は荒川河川敷部分のみ1989年まで存続。
  3. ^ 『角川日本地名大辞典 東京都』には「昭和7〜51年の町名」とあるが、正確には昭和53年(1978年)まで一部が存続していた。
  4. ^ 『角川日本地名大辞典 東京都』には「1・3・6丁目が存続」とあるが、「1・3〜6丁目」が正当。
  5. ^ 『角川日本地名大辞典 東京都』には「昭和7〜50年の町名」とあるが、正確には昭和62年(1987年)まで狭小な飛地(現・西伊興一丁目17番の南西部)が存続していた。
  6. ^ 他に、ごく狭小な飛地(現・西伊興一丁目17番の南西部)が1987年まで存続。
  7. ^ ごく狭小な飛地(現・西伊興一丁目17番の南西部)のみ1987年まで存続。
  8. ^ 現行の古千谷四丁目3番

参考文献[編集]

  • 『角川日本地名大辞典 東京都』、角川書店 、1978
  • 人文社編集・刊行『昭和三十年代東京散歩』(古地図ライブラリー別冊)、2004
  • 人文社編集・刊行『昭和東京散歩』(古地図ライブラリー別冊)、2004
  • 重藤魯『東京町名沿革史』、吉川弘文館、1967
  • 『足立区(南足立郡)旧町村古道図』足立区教育委員会生涯教育部郷土博物館、1991