足立勇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

足立 勇(あだち いさむ、1901年(明治34年)11月2日 - 1968年(昭和43年)1月11日)は、日本の食物史研究家。 大分県大分町(現大分市)出身、1929年早稲田大学文学部英文科卒。文筆や編集に従事。1945年豊山中学校(現・日大豊山高校)教師。

著書[編集]

  • 『安政大獄 物語維新史』大日本出版社峯文荘、1942
  • 『物語維新史』第1-3 大日本出版社峰文荘、1942 - 43
  • 西遊記』好江書房、1948
  • 鎮西八郎為朝』泰文館 少年少女世界名作文庫、1948
  • 『日本食物史』改訂 大谷書店、1950
  • 『物語新日本史』大谷書店、1950-51
巻1 (原始日本) 1950
巻2 (天皇国家) 1951
巻3 (奈良文化) 1951
巻4 (平安文化) 1951
  • 『漂白の詩人藤村の生涯 作品と芸術』星文館、1953
  • 『日本食物史概説』医歯薬出版、1962

共著[編集]

参考[編集]