足摺岬 (小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

足摺岬」は、1949年、雑誌 『人間』(1945年12月20日川端康成久米正雄により創刊)10月号に掲載された田宮虎彦短編小説である。

概要[編集]

各種の文学集、作品集に収録され、1953年、『落城・足摺岬』(新潮文庫)に収められた。「菊坂」(『中央公論』1950年6月号)、「絵本」(『世界』1950年6月号)とともに、新藤兼人によって脚色され、1954年同名映画が製作された。また、2004年に劇団俳優座創立60周年記念公演として、映画と同様、「菊坂」、「絵本」も含めて、堀江安夫が脚色、袋正演出で上演された。(4月15日〜4月25日俳優座5F稽古場、4月28日〜5月2日シアターX)

あらすじ[編集]

時代は戦前。主人公の大学生は、自殺しようと足摺岬へやってくるが、肺の病がひどくなり、お遍路も泊まる近くの旅館に辿り着く。そこで、遍路の老人や薬売りの商人に手当を受け、自死への道を踏みとどまる。この宿で知り合い、赤い糸で結ばれた人と戦後になって、再びその地を訪れることに。

派生作品[編集]

関連文献[編集]

  • 谷沢永一「田宮虎彦『足摺岬』の構成」『関西大學文學論集』9(3) 1959年7月
  • 清水均「『足摺岬』<田宮虎彦> 」(近代文学に描かれた青春<特集>)『国文学 解釈と鑑賞』54(6)、1989年6月
フジテレビ 百万人の劇場
前番組 番組名 次番組
足摺岬
(1960年版)
TBS 近鉄金曜劇場
足摺岬
(1962年版)