趙金羅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

趙 金羅(ちょう きんら、1103年3月以前 - 1127年)は、北宋徽宗の第4皇女(夭逝を除いて第3皇女)。

経歴[編集]

賢妃鄭氏(後の顕粛皇后)の次女として生まれた。崇寧2年(1103年)3月3日、淑慶公主の位を授けられた。大観2年(1108年)2月、安福公主の位を改授された。

政和3年(1113年)閏4月、安福帝姫の位を改授された。政和7年(1117年)6月、安徳帝姫を再授され、左衛将軍の宋邦光に降嫁した。

靖康の変後、に連行され、完顔闍母中国語版の側室となった。天会5年(1127年)10月26日、死去した。

子女[編集]

  • 宋氏 — 宋邦光との娘。南宋で秀王趙伯圭に嫁し、秦国夫人となった。

伝記資料[編集]

  • 『靖康稗史箋證』
  • 『皇第四女特封淑慶公主制』
  • 『安福公主特改封安福帝姫制』