趙纓絡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

趙 纓絡(ちょう えいらく、1111年3月以前 - 1137年)は、北宋徽宗の第19皇女(夭逝を除いて第9皇女)。

経歴[編集]

政和元年(1111年)3月25日、順福公主の位を授けられた。政和3年(1113年)閏4月、帝姫の位を改授された。靖康元年(1126年)6月、順徳帝姫を再授され、向子扆に降嫁した。

靖康の変後、に連行され、完顔宗翰側室となった。金の天会8年(1130年)6月、纓絡は次婦(妾妻)の位を授けられた。天会15年(1137年)7月に宗翰が病没した後、纓絡は宗翰の家を出て五国城へ向かった[1]が、習古国王[2]に足止めされ、その側室となった。同年、死去した。

伝記資料[編集]

  • 宋史
  • 『靖康稗史箋證』
  • 『皇第十九女特封順福公主制』
  • 『順福公主特改封順福帝姫制』

脚注[編集]

  1. ^ 父帝と団欒したかったと考えられている。
  2. ^ 金の東路都統。五国城の総監。