趙珠珠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

趙 珠珠(ちょう しゅしゅ、1113年 - ?)は、北宋徽宗の第22皇女(夭逝を除いて第11皇女)。

経歴[編集]

婉容(嬪)王氏[1]の娘として生まれた。恵福帝姫の位を授けられた。

靖康の変の際、徽宗や欽宗らと共に軍に拉致された。連行の前、完顔宗望(珠珠の異母姉・趙福金の後夫)は個人的に酒宴を設け、徽宗はこれに応じた。宗望は酒宴のついでに完顔斜保(完顔宗翰の次男)の仲人として、珠珠を所望した。徽宗は承知し、珠珠は斜保の次婦(妾妻)となった。

金に到着後、宗望、設野馬(珠珠の異母姉・趙富金の後夫)、斜保は徽宗を私的に訪問し、駙馬(婿)の礼をとった。『三朝北盟会編』(1162年完成)によると、同書の頃まで珠珠は金で健在であった。

脚注[編集]

  1. ^ 名は王月宮。『三朝北盟会編』(1162年完成)によると、同書の頃まで金で健在であった。

伝記資料[編集]

  • 宋史
  • 『靖康稗史箋證』
  • 『北狩見聞』
  • 『三朝北盟会編』