趙巧雲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

趙 巧雲(ちょう こううん、1110年 - 1162年以前)は、北宋徽宗の第16皇女(夭逝を除いて第8皇女)。

経歴[編集]

永嘉郡君喬氏(後に才人となった。喬貴妃とは別人)の娘として生まれた。大観4年(1110年)春に生まれ、7月8日に顕福公主の位を授けられた。政和3年(1113年)閏4月、顕福帝姫の位を改授された。宣和7年(1125年)8月、顕徳帝姫を再授され、劉文彦に降嫁した。

靖康の変後、に連行され、金の天会6年(1128年)8月に洗衣院に下された。以後の動静は不明であるが、『三朝北盟会編』(1162年完成)によると、同書の頃までに金で没していたという。

伝記資料[編集]

  • 『靖康稗史箋證』
  • 『皇第十六女特封顕福公主制』
  • 『顕福公主特改封顕福帝姫制』
  • 『三朝北盟会編』