趙州従シン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「趙州從諗」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
趙州従諗
778年 - 897年
『仏祖正宗道影』木版画
諡号 真際大師
生地 曹州臨淄県郝郷(山東省
宗派 禅宗
寺院 曹州龍興寺、趙州観音院
南泉普願黄檗希運塩官斉安
著作 『趙州真際禅師語録』

趙州従諗(じょうしゅう じゅうしん、778年 - 897年)は、中国末の禅僧

俗姓は郝〔赤偏+おおざと〕(かく)、曹州臨淄(臨淄、淄は巛の下に田を置いてさんずい)県郝〔赤偏+おおざと〕郷(現在の山東省)の出身である。

生涯[編集]

幼くして曹州の龍興寺で出家し、後に池陽の南泉普願の下に至り、師の「平常心是道」に関する言葉により、大悟してその法嗣となる。嵩山の琉璃壇で受戒する。

60歳で遊方の途に出て、黄檗希運、塩官斉安らの禅匠の下で修禅する。

80歳で趙州(河北省)の観音院(東院)に住するようになり、その後、40年間「口唇皮禅」と称される特異な禅風を宣揚し、120歳で没した。諡して真際大師という。

彼と門弟との問答の多くが、後世の「公案」となり、広く知られることとなった。特に、「狗子仏性」のエピソードは公案集『無門関』の第一則に取りあげられ、東洋的「絶対」の思想を象徴する問答として名高い。

語録等[編集]

  • 『趙州真際禅師語録三巻』
  • 『趙州真際禅師行状』

主な刊本[編集]

伝記資料[編集]

注・出典[編集]


師:南泉普願 禅宗 弟子: