越来城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
越来城
沖縄県
城郭構造 山城
築城主 不明
築城年 15世紀(推定)
主な城主 尚泰久王第一尚氏
尚宣威王第二尚氏
遺構 掘立柱の跡
位置 北緯26度20分24.856秒
東経127度48分47.368秒

越来城(ごえくじょう、琉球語: ごえくグスク、ごえくグシク)は、沖縄県沖縄市城前町周辺の丘陵地にあった城(グスク)。沖縄戦などで破壊され、遺跡はほとんど残されていない[1]

越来王子[編集]

琉球王朝時代、越来城を居城とする王子は「越来王子」と称された。

琉球を統一して三山時代を終わらせた第一尚氏尚巴志王は、越来間切を七男の尚泰久に与え、越来城に入った泰久は越来王子と称し、護佐丸の娘を正室に迎えたが、後に尚泰久王として1454年琉球国王となり首里城に移った[2][3]

第二尚氏尚円王(在位:1469年 - 1476年)の王弟尚宣威は、兄が即位すると越来城に入り、越来王子と称した。兄王の死後、宣威は即位して尚宣威王(在位:1477年)となったものの、すぐに退位して、越来に戻って隠棲した[4]

第二尚氏尚真王(在位:1477年 - 1526年)の第四王子朝福も越来王子と称した。

現在[編集]

現在は、城前町の城前公園に「越来グシクの拝所」とされる場所が残されており[1]、「越来グスク跡」と記した標識が置かれている[5]

また、城前公園の南側に位置する比謝川沿いに2008年に整備された越来城水辺公園では、夏の終わりに「越来城下まつり」が開催されている[6]

脚注[編集]

  1. ^ a b 越来グシクの拝所”. 沖縄市郷土博物館 (2010年5月18日). 2014年2月15日閲覧。
  2. ^ 義 2007, p. 70
  3. ^ 義 2007, pp. 72-73
  4. ^ 義 2007, pp. 94
  5. ^ 城前公園(越来グスク跡)”. Goyah.net Inc.. 2014年2月15日閲覧。
  6. ^ 老百男女の憩いの場。越来城水辺公園”. コザ銀天街.net (沖縄市銀天街商店街). 2014年2月15日閲覧。
  • 義富弘 『しまぬゆ 1 ―1609年、奄美・琉球侵略』 南方新社、2007年4月15日