越前西部広域基幹林道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

越前西部広域基幹林道(えちぜんせいぶこういききかんりんどう)は福井県越前市と福井県福井市を結ぶ林道である。通称は越前西部林道

概要[編集]

  • 起点:福井県越前市中津原町
  • 終点:同県福井市本堂町

総延長81.7kmの福井県下最長の林道である。福井県道中で最も距離の長い福井県道3号ですら約半分の46.4kmであることを考えると異例の長さを持つ林道といえる。その長大さゆえ道程は4区間に区分けされており、それぞれに1号から4号までの番号が割り振られている。丹生山地裾野または尾根上を走り、展望に優れる観光林道となっている。

通過市町村[編集]

福井県越前市-南条郡南越前町-越前市-南越前町-丹生郡越前町-越前市-越前町-福井市

道路状況[編集]

上記の通り1号から4号に区分けされており、それぞれ道路状況は異なるので詳細は各項目を参照。近年では観光道路化が進み特に1号から3号は全線舗装化が完了し、2009年にはドライブ形式のスタンプラリーが開催されている。4号については2009年現在、未だ分断区間が残るが、工事は行われているので近い将来開通する見通しである。

林道内の区分[編集]

接続路線[編集]

通過する峠[編集]

関連項目[編集]