越前王朝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

越前王朝(えちぜんおうちょう)は、岡田英弘の提唱した日本古代史の学説。河内王朝播磨王朝に続く倭国の王朝。継体天皇を初代とし、今上天皇まで至る現皇室の直接の祖とされる。

ただし、『日本書紀』が推古天皇の治世(摂政聖徳太子)とする時期を描写する中国資料『隋書』は、倭国を訪問した使裴世清が、「オホキミと号し、妃や太子がいる男王と会見した」と記録している。そこで、推古天皇聖徳太子の実在に疑念を持ち、「推古天皇と舒明天皇の間に、もうひとつ皇統の断絶があるのではないか」と岡田は指摘している[1]

注釈[編集]

  1. ^ 岡田,1977,第4章(pp.106-146)・第5章(pp.147-183)

参考文献[編集]

  • 岡田英弘『倭国』中央公論社,1977
  • 岡田英弘『日本史の誕生』筑摩書房,2008

関連項目[編集]