超魔界村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
超魔界村
ジャンル アクションゲーム
対応機種 スーパーファミコン[SFC]
ゲームボーイアドバンス[GBA]
Wiiバーチャルコンソール[Wii VC]
Wii Uバーチャルコンソール[Wii U VC]
開発元 カプコン
発売元 カプコン
人数 1人
メディア [SFC] 8Mbitロムカセット
発売日 [SFC] 1991年10月4日
[GBA] 2002年7月19日
[Wii VC] 2007年2月20日
[Wii U VC] 2013年4月27日
売上本数 世界 109万本[1]
その他 GBA版は『超魔界村R』
テンプレートを表示

超魔界村』(ちょうまかいむら、Super Ghouls 'N Ghosts)は、1991年10月4日カプコンから制作・発売されたスーパーファミコンアクションゲームソフト

1988年に同社から発売された『大魔界村』の続編。前作と同じく豊富な武器と魔法が使える。2007年2月20日Wiiバーチャルコンソールで配信開始。2009年携帯電話端末にて4月1日よりiアプリ用はカプコンパーティ、10月15日よりEZアプリ用はカプコンパーティからも購入可能。2013年4月27日Wii Uのバーチャルコンソールで配信開始。

ストーリー[編集]

魔界の王ルシファーを倒したアーサーは、魔王復活の阻止に必要な最強の武器を探すため旅に出る。それから4年後、城では竣工式が行われようとしていた。その話を聞き駆けつけたアーサーだったが、突然現れた魔物にプリンセスは連れ去られてしまう。ルシファーとは別の何者かが魔界を復活させようとしているのだと実感したアーサーは、三度ヤリを取り単身魔界へと乗り込んだ。

システム[編集]

前作の上撃ち・下撃ちが廃止され、新たに2段ジャンプが導入された。また、入手できる鎧の種類が鋼・青銅・黄金の3種類に増加。青銅の鎧で武器の威力と性能が変化し、黄金の鎧で前作同様に各武器ごとの魔法を使えるようになる。また、敵弾を防ぐ「盾」も導入された。本作ではコンティニューに回数制限があり、アイテムのドル袋を一定数を集めるとクレジットを最大9回まで増やせる。

アーサーはダメージを受けると鎧を失う(青銅の鎧・黄金の鎧も同様)。裸の状態でダメージを受けると1ミスとなる。残り人数が0の時にミスするとゲームオーバーとなる(クレジットが残っていればステージの最初からコンティニューできる)。

時間制限も設けられており、スタート(チェックポイント)から5分が経過するとタイムオーバーとなり、強制的に1ミスとなる。残りタイムはチェックポイントを通過すると5分まで回復する。

武器[編集]

武器は、宝箱およびランダムに出現する壺を持った敵キャラを倒すと出現する(最終ボス専用武器は除く)。

初期装備。癖のない最も標準的な武器。スピードは遅めで、水平に真っすぐ飛ぶ。同時に2発まで放てる。
炎の槍: 炎を帯びたより強い威力の槍を投げられるが、連射できない。
雷(サンダー)の魔法:落雷を受け止めて左右に拡散する。左右上方向にダメージを与えることができる。
短剣
攻撃判定が小さく攻撃力も低めだが、スピードが速い。水平に真っすぐ飛ぶ。同時に3発まで放てる。3連射すると、軌道の高さが少し変わる。
光の短剣: レーザー状になった短剣を打つ。速度も威力も上がり、敵を貫通する。連射が利きやすく、一部の障害物や地形を通り抜ける。
火竜(ファイヤードラゴン)の魔法:炎をまとった龍を呼び出す。大きく上昇して出現した後、アーサーの後方へ飛んでいく。前に飛んだ後、画面端を這うように進む。
ボウガン
斜め上空に2発矢を放つ。威力は小さく正面の敵に当てづらいものの、近距離で攻撃すると複数の矢が一気に当たるためその威力の低さを補う事が可能。
追撃のボウガン: 追尾性能を持つ3発の弾を放つ。連射できないが、その追尾性能のため、レッドアリーマー戦でかなり有効。ただし、画面内に宝箱が存在していると、そちらの方を優先して追尾してしまう。
探索(シーク)の魔法:画面内の宝箱を出現させるほか、画面内に留まってしまったボウガンの弾を消せる。攻撃判定は無いが無敵時間が全魔法中最も長い。
たいまつ
青い火の玉を放物線状に投げる。地面に着弾すると火柱が上がり、敵を巻き込む。同時に2発まで放てる。女神の腕輪に次いで威力が高い。
火柱のたいまつ: 火柱がより高くなる。
盾(シールド)の魔法:一定時間バリアーを張る。敵にダメージを与えられるほか、一部の敵弾も防げる。
しゃがみ撃ちすると地形に沿って進む。1発ずつしか撃てないのが欠点。
真空の鎌: 威力と貫通力が増加。エフェクト上、2ヒットしているように見えるが、実際は1ヒットのみ。
竜巻(トルネード)の魔法: 2つの竜巻がアーサーの周りを回るように現れ、その後上空へ去っていく。
円を描きながら前方に飛ぶ。貫通性能がありザコ敵ならまとめて倒すことができる。
原則的に同時に1発までしか放てないが、ボタンを連打すると2発目が放てる場合もある。
両断の斧: 一度上昇してから元の高さに戻り、前方に飛ぶという軌道を描くダメージ判定が大きくなるが、弾速が遅く連射も利かない。
雷光(ライトニング)の魔法:放射線状に光線を放つ。光線の隙間が大きい。
クロスソード
アルファベットのLのような形の軌道を描いて飛ぶ。2連射可能。1周目の5ステージ以降に登場。
光輪のクロスソード:威力が上がり、敵を貫通する。
大爆裂(ニュークリア)の魔法:アーサーの頭上に小規模の爆発を起こす。
プリンセスの腕輪(女神の腕輪)
対最終ボス専用武器。全武器中、射程がもっとも短く魔法も使えないが、近距離での威力は絶大。黄金の鎧装着時は敵弾を相殺できる。また、青銅の鎧、黄金の鎧装着時に飛距離と攻撃力が上がる。2周目から登場。
2周目の7面クリア時に所持していなかった場合、6面に戻される。
GBA版のアレンジモードでは2周目が存在しないため、最初から入手可能。

アイテム[編集]

    • 鋼の鎧: 初期装備
    • 青銅の鎧: 鋼の鎧装着時にのみ宝箱から出現。取ると武器が強化される。
    • 黄金の鎧: 青銅の鎧装着時にのみ宝箱から出現。取ると各武器ごとの魔法が使えるようになる。
    • 月の盾: 黄金の鎧装着時に自動で入手できる。敵弾を1発防ぐ。魔法ゲージの上昇スピードが若干上がる。黄金の鎧を装備していて月の盾が壊れてしまった場合、宝箱から入手できる。
    • 太陽の盾: 月の盾装備時に宝箱から入手できる。敵弾を3発防ぐ。魔法ゲージの上昇スピードが最速になる。
      太陽の盾はボスが放つ威力の高い弾などに対しては防ぎきれず、一撃で破壊されてしまうことがある。また、敵キャラに体当たりされるなどして黄金の鎧が砕け散った場合は同時に盾も失う。
  • その他
    • 石像: 得点アイテム。ランダムに出現する、壺を持った敵キャラを倒すと出現。2種類ある。
    • ドル袋: 得点アイテム。ステージ上に設置。一定個数取得するごとにコンテニュー回数が増加する(最大9回まで増やせる)。難易度ごとにコンティニュー回数増加に必要な個数は変化する。
  • 宝箱
    決まった場所で出現し、アイテム(鎧または盾、武器)、罠、マジシャンのいずれかが出現する。中身の出方にはパターンがある。
    • 罠: いわゆるトラバサミがその場に設置される。触れるとダメージ。
    • マジシャン: 宝箱から出現すると、アーサーを変身させる魔法を放ち、消える。変身中は攻撃や2段ジャンプができなくなり、一定時間が経過すると解除される。裸の時は赤ん坊、鋼の鎧の時はオットセイ、青銅の鎧の時は蜂、黄金の鎧の時は女の子に変化する。

ステージ[編集]

ステージ1
エリア1:呪われた墓場/エリア2:暗黒の密林
ボスはコッカトリス。巨大な怪鳥で、口から卵を吐いたり、首を伸ばして攻撃してくる。頭が弱点。ステージ6と7でも出現する。
ステージ2
エリア1:幽霊船/エリア2:狂気の海
ボスはストームチェザリス。巨大なフジツボの化け物。竜巻で浮遊し、巻貝のミサイルを飛ばしてくる。顔が弱点。
ステージ3
エリア1:溶鉱炉/エリア2:溶鉱の塔
エリア1の連続足場ジャンプを抜けると、レッドアリーマーが出現。
ボスはデスクローラー。巨大なイモムシの化け物。アーサーの周りを回転したり、画面外から弾を飛ばしてくる。頭部が弱点。
ステージ4
魔物の腹(エリア1は一定地点に移動すると変形する地形、エリア2は自動で動くリフトに乗り進む強制スクロールステージ)
ボスはヒュードラ。三つ首の竜で、ステージ4の本体。火炎弾を吐いたり、ナーガに似た竜人に分裂して体当たりしてくる。首が弱点。ボスの中で唯一到着時にタイムが回復する。
ステージ5
エリア1:永久凍土の森/エリア2:雪原地帯。
ここでもエリア1終盤の手前にレッドアリーマーが待ち構える。
ボスはベールアロケン。氷の魔人。上半身だけで浮遊し、腕をブーメランの様に飛ばしたり、アーサーを凍らせてしまう弾を放つ。頭部が弱点。
ステージ6
魔帝の居城
レッドアリーマー2連戦に始まり、コッカトリスも姿を変えて再登場。
ボスは大魔王アスタロト。レーザーや炎を吐く。ステージ7にも登場する。頭部が弱点。
ステージ7
妖魔回廊
ボスは超魔王ネビロス。アスタロトを倒すと出現するが、アスタロトよりも攻撃が強力で、どこまでも伸びる炎や巨大なレーザーを放ってくる。頭部が弱点。
ステージ8
魔帝サマエルの部屋(最終ステージ)
魔帝の部屋にて最終決戦。2周目で、女神の腕輪を装備していると進むことができる。
ボスは魔帝サマエル。放射線状にレーザーをばら撒いて攻撃してくる。頭が弱点だが、非常に巨大で、腹部から放たれるソーサー状の足場に乗らないとダメージを与えられない。

敵キャラクター[編集]

ゾンビ
人肉を求め、土中から這い出したり、土中からせり出してきた棺桶から出現し、一直線に向かってくる。
ワードック、マッドドッグ
野犬が魔界の毒気により凶暴化したもの。ワードックはジャンプするのみだが、ステージ5に登場するマッドドッグはジャンプした後、突進してくる。
スカルフラワー(赤)、スカルフラワー・マルチ(緑)
髑髏の頭に炎のようなボディを持つモンスター。頭蓋骨を装い、近づくとボディを伸ばして炎の玉を放つ。頭が弱点。ステージ4に登場するマルチは耐久力に加え、壁、天井からも伸びてくる。
シェール
二枚貝の化け物。アーサーが近づくとジャンプし、目玉のような弾を吐いてくる。
ローズバッド
不気味な植物。破裂して破片を撒き散らす。ステージ4では消滅細胞という色違いの敵が登場する。
ベリアル
車輪が付いた骸骨のような敵。近づくと地形が傾斜し、そのまま滑り落ちてくる。倒すことはできない。
ゴースト
幽霊。普段は霊魂として彷徨っているが、アーサーが近づくと実体化して襲ってくる。ステージ7でゴールにアーサー近づくと消滅する。
ギロチン
破壊不能のギロチン。常に振り子のように揺れているトラップ。
ミミック
宝箱に化けているモンスター。アーサー目掛け分身(霊魂)を飛ばしてくる。
フライングキラー
トビウオの化け物。アーサー目掛け飛んでくる。画面右端でタイマツを撒いてると登場前に撃破できる。
ハンニバル
イソギンチャクの化け物。障害物である吸血珊瑚にへばり付いており、弾を放つ。
セイレン
半魚人のような姿をした魔界海底軍の戦士。
ファイヤーキラー、ブルーキラー
不規則な動きで迫る小型悪魔。弾を放つこともある。
グリリアン
炎のようなボディを持つのような大柄な魔物。
レッドアリーマーA(エース)
レッドアリーマー族のエリート戦士。容姿は一作目と全く同じだが、前作のレッドアリーマーキングよりも階級が高い。これまでの作品同様、様々な動きや攻撃でアーサーを苦しめる。
コウモリ
一直線に飛んでくるだけの肉食コウモリ。
ガーゴイルの像
塔に飾られた悪魔の石像。触れるとダメージは受けるが攻撃はしてこない。
プチゴブリン
アーサーの頭上から出現し、突進してくる小さなゴブリン
イーグラー
ステージ4の本体である魔物に喰われ、中途半端に消化された死に損ないの悪魔。斧を持ち、蛇行しながら浮遊する。
フラ・ワラワス
花のモンスター。特徴はスカルフラワーとほぼ同じ。
ウー
グリリアンの亜種で、永久凍土の森に住む氷の怪物。冷気を吐く。
アイシング
アーサーが近づくと急激に伸びてくる氷柱。一画面に登場するのは3本まで。
フライングナイト
盾で防御しながら大きく蛇行し飛んでくる騎士の亡霊。背後からの攻撃でしか倒せない。
マジシャン
宝箱から出現する道化師のような魔物。アーサーの姿を変える魔法を放つ。魔界の住人では無い謎の存在(この設定は前作、前々作のマジシャンも同じ)である。

移植[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ミリオンセールスタイトル一覧”. 株式会社カプコン (2011年6月30日). 2011年9月27日閲覧。

外部リンク[編集]