超魔界村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
超魔界村
ジャンル 横スクロールアクション
対応機種 スーパーファミコン
開発元 カプコン
発売元 カプコン
プロデューサー 藤原得郎
デザイナー 三並達也
山添公雄
プログラマー 篠原雅嗣
まついよしひろ
音楽 山口真理
美術 松下進
シリーズ 魔界村シリーズ
人数 1人
メディア 8メガビットロムカセット[1]
発売日 日本 199110041991年10月4日
アメリカ合衆国 199111281991年11月28日
ヨーロッパ 199212101992年12月10日
対象年齢 日本 CEROA(全年齢対象)
アメリカ合衆国 ESRBE(6歳以上)
ヨーロッパ PEGI7
コンテンツ
アイコン
アメリカ合衆国 Mild Violence
ヨーロッパ Violence
売上本数 世界 109万本[2]
その他 型式:日本 SHVC-CM
アメリカ合衆国 SNS-CM-USA
ヨーロッパ SNSP-CM-NOE
テンプレートを表示

超魔界村』(ちょうまかいむら、英名:Super Ghouls'n Ghosts)は、1991年10月4日カプコンから制作・発売されたスーパーファミコンアクションゲームソフト[3]

概要[編集]

同社から発売された『大魔界村』(1988年)の続編で、前作と同じく豊富な武器と魔法が使える。評価が高かったグラフィック、サウンド等も格段に進化した。前作から比較すると若干難易度は低めであるが、それでも超高難度アクションということに変わりはない[4]

2007年2月20日Wiiバーチャルコンソールで配信開始。2009年携帯電話端末にて4月1日よりiアプリ用はカプコンパーティ、10月15日よりEZアプリ用はカプコンパーティからも購入可能。2013年4月27日Wii Uの、2016年7月20日Newニンテンドー3DSのバーチャルコンソールで配信開始。

ゲーム内容[編集]

システム[編集]

前作の上撃ち・下撃ちが廃止され、新たに2段ジャンプが導入された。また、入手できる鎧の種類が鋼・青銅・黄金の3種類に増加。青銅の鎧で武器の威力と性能が変化し、黄金の鎧で前作同様に各武器ごとの魔法を使えるようになる。また、敵弾を防ぐ「盾」も導入された。本作ではコンティニューに回数制限があり、アイテムのドル袋を一定数を集めるとクレジットを最大9回まで増やせる。

アーサーはダメージを受けると鎧を失い(青銅の鎧・黄金の鎧も同様)、裸の状態でダメージを受けると1ミスとなってしまう。残り人数が0の時にミスするとゲームオーバーになる(クレジットが残っていればステージの最初からコンティニューできる)。

時間制限も設けられており、スタート(チェックポイント)から5分が経過するとタイムオーバーとなり、強制的に1ミスとなる。残りタイムはチェックポイントを通過すると5分まで回復する。

『大魔界村』と同様、各ステージボスを倒した後に出てくる鍵を十字キー↑を押しながらキャッチすると「NICE CATCH !!」と表示される。


武器[編集]

武器は、宝箱およびランダムに出現する壺を持った敵キャラクターを倒すと出現する(最終ボス専用武器は除く)。
また、貫通性能を持った武器が、複数の敵が重なっている時に当てると多重ヒットを起こす[5]
魔法は発動中は完全無敵で発動終了後は少しの間だけ点滅して無敵状態が続く。

アーサーの初期装備。癖のない最も標準的な武器。スピードは遅めで、水平に真っすぐ飛ぶ。同時に2発まで放てる。
炎の槍:炎を帯びたより強い威力の槍を投げられるが、連射はできなくなる。
雷(サンダー)の魔法:落雷を受け止めて左右に拡散する。左右上方向にダメージを与えることができる。
短剣
攻撃判定が小さく攻撃力も低めだが、スピードが速い。水平に真っすぐ飛ぶ。同時に3発まで放てる上、再発射に必要なクールタイムが皆無なので投げた後にすぐに投げることができる。3連射すると、軌道の高さが少し変わる。
この作品でも単純な武器性能は槍の上位互換かつ強力な武器なので出たら取っておけば敵との戦闘が楽になる。
光の短剣:レーザー状になった短剣を打つ。速度も威力も上がり、敵を貫通する。連射が利きやすく、一部の障害物や地形を通り抜ける。
火竜(ファイヤードラゴン)の魔法:炎をまとった龍を呼び出す。大きく上昇して出現した後アーサーの後方へ飛び、折り返して前に飛んだ後、画面端を這うように進む。
ボウガン
斜め上空に2本の矢を放つ。同時に2発まで放てる。威力は小さく正面の敵に当てづらいものの、近距離で攻撃すると複数の矢が一気に当たるためその威力の低さを補う事が可能。
追撃のボウガン:追尾性能を持つ3発の弾を放つ。連射できないが、その追尾性能のため、レッドアリーマー戦でかなり有効。ただし、画面内に宝箱が存在していると、そちらの方を優先して追尾してしまう。
探索(シーク)の魔法:画面内の宝箱を出現させるほか、画面内に留まってしまったボウガンの弾を消せる。攻撃判定は無いが無敵時間が全魔法中最も長い。
たいまつ
青い火の玉を放物線状に投げる。地面に着弾すると火柱が上がり、敵を巻き込む。同時に2発まで放てる。女神の腕輪に次いで威力が高い。
火柱のたいまつ:火柱がより高くなる。
盾(シールド)の魔法:アーサーを中心に回転する3つの光球を出現させてバリアを張る。光球を敵に接触させることでダメージを与えられるほか、一部の敵弾も防げる。
しゃがみ撃ちすると地形に沿って進む。連射が効かず1発ずつしか撃てない。
真空の鎌:威力と貫通力が増加。強化前の鎌も同様だがエフェクト上、2ヒットしているように見えるが、実際は1ヒットのみ。
竜巻(トルネード)の魔法:2つの竜巻がアーサーの周りを回るように現れ、その後上空へ去っていく。
円を描きながら前方に飛ぶ。貫通性能がありザコ敵ならまとめて倒すことができる。
連射は効かず1度に1発(画面内に斧がある間は再発射のクールタイムが長く、相当時間をおかないと画面内に斧がある状態での再発射は不可能)。
両断の斧:一度上昇してから元の高さに戻り、前方に飛ぶという軌道を描くダメージ判定が大きくなるが、弾速が遅く連射も利かない。
雷光(ライトニング)の魔法:放射線状に光線を放つ。光線の隙間が大きい。
クロスソード
アルファベットのLのような形の軌道を描いて飛ぶ。2連射可能。1周目の5ステージ以降に登場する。軌道の関係でとても使いづらいが、2面以外のボスに対して非常に有効という一面がある。
光輪のクロスソード:威力が上がり、敵を貫通する。
大爆裂(ニュークリア)の魔法:アーサーの頭上に小規模の爆発を起こす。威力は低い。
プリンセスの腕輪(女神の腕輪)
対最終ボス専用武器。
全装備中唯一の同一武器である。全武器中、射程が最も短く飛距離が飛ぶにつれ威力が減少する。他の武器と違いパワーアップはできない。その上魔法も使えないが近距離での威力は絶大で、黄金の鎧装着時は敵弾を相殺できるという特性がある。
また青銅の鎧、黄金の鎧装着時に飛距離と攻撃力が上がる。2周目かつ、黄金の鎧を纏った状態で武器が入った宝箱を開けると妖精がしばらく現れた後、腕輪が登場する。
2周目の7面クリア時に所持していなかった場合、6面に戻されてしまう。
GBA版のアレンジモードでは2周目が存在しないため、最初から入手可能。

アイテム[編集]

    • 鋼の鎧:アーサーの初期装備。裸の時は宝箱から登場する。
    • 青銅の鎧:鋼の鎧装着時にのみ宝箱から出現。取ると武器が強化される。
    • 黄金の鎧:青銅の鎧装着時にのみ宝箱から出現し、取ると月の盾も同時に入手する。青銅の鎧の効果に加え各武器ごとの魔法が使えるようになる。
      黄金の鎧だけの状態での魔法ゲージの上昇スピードはとても遅い。
    鎧は現在のアーサーの状態を1段階上昇させるアイテムなので仮に黄金の鎧を出した後、裸になって取っても鋼の鎧になり、一気に黄金の鎧等はできない。
    • 月の盾:黄金の鎧装着時に自動で入手できる。敵弾を防ぐ事ができるが、1発で壊れる。魔法ゲージの上昇スピードが少し上がる。盾を装備している黄金の鎧のみの状態の場合、宝箱から入手できる。
    • 太陽の盾:月の盾装備時に宝箱から入手できる。敵弾を2発まで防げ、3発目で壊れる。魔法ゲージの上昇スピードが最速になる。黄金の鎧&太陽の盾が本作のアーサーの最強状態である。
    基本的に盾は黄金の鎧を纏っている時のみだが、ステージ7で工夫をすれば青銅の鎧でも装備することができる。ただし魔法が使えない上、装備している間は黄金の鎧が出ないため、全く利点がない。
    盾は敵弾を防ぐが、一定時間判定が持続するものや貫通性能を持つものには無力。また、敵キャラクターに体当たりされるなどして黄金の鎧が砕け散った場合は同時に盾も失ってしまう。
  • その他
    • 石像:得点アイテム。ランダムに出現する、壺を持った敵キャラクターを倒すと出現する。2種類ある。
    • ドル袋:得点アイテム。ステージ上に設置。一定個数取得するごとにコンテニュー回数が増加する(最大9回まで増やせる)。難易度ごとにコンティニュー回数増加に必要な個数は変化する。
  • 宝箱
決まった場所で出現し、アイテム(鎧または盾、武器)、罠、マジシャンのいずれかが出現する。中身の出方にはパターンがある。パターンはアーサーの鎧の状態で変わり、全4パターン。穴やダメージ床に飛ばないと出現しない宝箱も多い[3]
  • 罠:いわゆるトラバサミがその場に設置される。触れるとダメージ。
  • マジシャン:宝箱から出現すると、アーサーを変身させる魔法を放ち、消える。変身中は攻撃や2段ジャンプができなくなり(鋼の鎧のみ垂直なら可能)、一定時間が経過すると解除される。裸の時は赤ん坊、鋼の鎧の時はオットセイ、青銅の鎧の時は蜂、黄金の鎧の時は女の子に変化する。
最終ステージを除く各ステージボスを倒した後に出てくる。例えボスを倒しても、裸の状態でボスのレーザーや弾に当たる、もしくは穴に落ちる等の1ミスがあった場合は、そのステージのチェックポイントからやり直しをしなければならない。取らなければ、次のステージに進むことはできない。

設定[編集]

ストーリー[編集]

魔界の王ルシファーを倒したアーサーは、魔王復活の阻止に必要な最強の武器を探すため旅に出る。それから4年後、城では竣工式が行われようとしていた。その話を聞き駆けつけたアーサーだったが、突然現れた魔物にプリンセスは連れ去られてしまう。ルシファーとは別の何者かが魔界を復活させようとしているのだと実感したアーサーは、三度ヤリを取り単身魔界へと乗り込んだ。

ステージ構成[編集]

ステージ1
エリア1:呪われた墓場エリア2:暗黒の密林
進むにつれ地面が盛り上がったり、下がったりする。エリア1の終盤では大波によって地形が削られる。
BOSS - コッカトリス
巨大な怪鳥。口から卵を吐いたり、首を伸ばして攻撃してくる。頭部が弱点。ステージ6と7でも頭部から首にかけて壁面に埋まった状態で出現する。
ステージ2
エリア1:幽霊船エリア2:狂気の海
エリア2ではに乗って移動する強制スクロール面となる。筏から筏へと飛び移る場所が何度かある。
BOSS - ストームチェザリス
巨大なフジツボの化け物。竜巻で浮遊し、巻貝のミサイルを飛ばしてくる。顔が弱点。
ステージ3
エリア1:溶鉱炉エリア2:溶鉱の塔
エリア1の連続足場ジャンプを抜けると、レッドアリーマーが出現。
BOSS - デスクローラー
巨大なイモムシの化け物。アーサーの周りを高速で回転したり、画面外から弾を飛ばしてくる。頭部が弱点。
ステージ4
魔物の腹
洞窟のように巨大な魔物の体内を進む。回転して変形する地形や自動で動く足場などの地形ギミックや、体内に取り込まれた多くの魔物が行く手を阻む。
他ステージ同様、2エリアに分かれており、前半は一定地点到達時に回転して変形する地形を進み、後半は自動で動くリフトに乗って進む強制スクロール面となる。
BOSS - ヒュードラ
三つ首の竜で、ステージ4の本体。火炎弾を吐いたり、ナーガに似た竜人に分裂して体当たりしてくる。首が弱点。
ステージ5
エリア1:永久凍土の森エリア2:雪原地帯
氷の樹氷を上っていき、雪原地帯に通じる道をゆく。エリア1終盤の手前にレッドアリーマーが待ち構える。
後半は広大に開けた雪原地帯となり、一定地点に進むと発生する大雪崩を避けながら進む。
BOSS - ベールアロケン
氷の甲冑に身を包んだ魔人。上半身だけで浮遊し、腕をブーメランの様に飛ばしたり、アーサーを凍らせてしまう弾を放つ。頭部が弱点。
ステージ6
魔帝の居城
レッドアリーマー2連戦に始まり、コッカトリスも姿を変えて再登場する。
BOSS - 大魔王アスタロト
新たな魔界の主により蘇ったかつての魔王。レーザーや炎を吐く。ステージ7にも登場する。頭部が弱点。
ステージ7
妖魔回廊
魔帝の間に通じる回廊を進んでいく。一部のザコ敵が再登場する。2体のボスとの連戦でタイムリミットに追われるステージであり、ゲーム中きっての難所である[4]
BOSS - 超魔王ネビロス
アスタロトを撃破した後に出現する。アスタロトよりも攻撃が強力で太く長く伸びる炎や巨大なレーザーを放ってくる。頭部が弱点。
ステージ8
魔帝サマエルの部屋(最終ステージ)
BOSS - 魔帝サマエル
2周目で女神の腕輪を装備していると進められる魔帝の部屋にて最終決戦の場。
放射線状にレーザーをばら撒いて攻撃してくる。頭部が弱点だが、非常に巨大で腹部から放たれるソーサー状の足場に乗らないとダメージを与えられない。

敵キャラクター[編集]

ゾンビ
人肉を求め、土中から這い出したり、土中からせり出してきた棺桶から出現し、一直線に向かってくる。
ワードック、マッドドッグ
野犬が魔界の毒気により凶暴化したもの。ワードックはジャンプするのみだが、ステージ5に登場するマッドドッグはジャンプした後、アーサーめがけて突進してくる。
スカルフラワー(赤)、スカルフラワー・マルチ(緑)
髑髏の頭に炎のようなボディを持つモンスター。頭蓋骨を装い、近づくとボディを伸ばして炎の玉を放つ。頭が弱点。ステージ4に登場するマルチは耐久力に加え、壁、天井からも伸びてくる。
シェール
二枚貝の化け物。アーサーが近づくとジャンプし、目玉のような弾を吐いてくる。
ローズバッド
不気味な植物。破裂して破片を撒き散らす。ステージ4では消滅細胞という色違いの敵が登場する。
ベリアル
車輪が付いた骸骨のような敵。近づくと地形が傾斜し、そのまま滑り落ちてくる。倒すことは不可能。
ゴースト
幽霊。普段は霊魂として彷徨っているが、アーサーが近づくと実体化して襲ってくる。ステージ7でゴールにアーサーが近づくと消滅する。
ギロチン
破壊不能のギロチン。常に振り子のように揺れているトラップ。
ミミック
宝箱に化けているモンスター。アーサー目掛け分身(霊魂)を飛ばしてくる。
フライングキラー
トビウオの化け物。アーサー目掛け飛んでくる。画面右端でタイマツを撒いてると登場前に撃破できる。
ハンニバル
イソギンチャクの化け物。障害物である吸血珊瑚にへばり付いており、弾を放つ。
セイレン
半魚人のような姿をした魔界海底軍の戦士。
ファイヤーキラー、ブルーキラー
不規則な動きで迫る小型悪魔。弾を放つこともある。
グリリアン
炎のようなボディを持つ熊のような大柄な魔物。
レッドアリーマーA(エース)
レッドアリーマー族のエリート戦士。容姿は一作目と全く同じだが、前作のレッドアリーマーキングよりも階級が高い。これまでの作品同様、様々な動きや攻撃でアーサーを苦しめる。
コウモリ
一直線に飛んでくるだけの肉食コウモリ。
ガーゴイルの像
塔に飾られた悪魔の石像。触れるとダメージは受けるが攻撃はしてこない。
プチゴブリン
アーサーの頭上から出現し、突進してくる小さなゴブリン
イーグラー
ステージ4の本体である魔物に喰われ、中途半端に消化された死に損ないの悪魔。斧を持ち、蛇行しながら浮遊する。
フラ・ワラワス
花のモンスター。特徴はスカルフラワーとほぼ同じ。
ウー
グリリアンの亜種で、永久凍土の森に住む氷の怪物。冷気を吐く。
アイシング
アーサーが近づくと急激に伸びてくる氷柱。一画面に登場するのは3本まで。
フライングナイト
盾で防御しながら大きく蛇行し飛んでくる騎士の亡霊。背後からの攻撃でしか倒せない。
マジシャン
宝箱から出現する道化師のような魔物。アーサーの姿を変える魔法を放つ。魔界の住人では無い謎の存在(この設定は前作、前々作のマジシャンも同じ)である。

他機種版[編集]

No.タイトル発売日対応機種開発元発売元メディア型式売上本数
1日本 カプコンジェネレーション第2集 〜魔界と騎士〜
ヨーロッパ Capcom Generations 2 - Chronicles of Arthur

日本 199809231998年9月23日
PlayStationカプコンカプコンCD-ROM日本 SLPS-01585
ヨーロッパ SLES-11881
-
2カプコンジェネレーション第2集 〜魔界と騎士〜
日本 199810151998年10月15日
セガサターンカプコンカプコンCD-ROMT-1233G-
3日本 超魔界村R
アメリカ合衆国 Super Ghouls'n Ghosts
ヨーロッパ Super Ghouls'n Ghosts

日本 200207192002年7月19日
アメリカ合衆国 200209232002年9月23日
ヨーロッパ 200209272002年9月27日
ゲームボーイアドバンスカプコンカプコンロムカセット日本 AGB-ACJJ-JPN
アメリカ合衆国 AGB-AG5E-USA
ヨーロッパ AGB-AG5P-EUR
-
4カプコン レトロゲーム コレクション vol.2
日本 200503302005年3月30日
PlayStationカプコンカプコンロムカセットSLPM-87360-
5カプコン クラシックス コレクション
アメリカ合衆国 200509272005年9月27日
ヨーロッパ 200511182005年11月18日
日本 200710112007年10月11日
PlayStation 2カプコンカプコンDVD-ROMアメリカ合衆国 SLUS-21316
ヨーロッパ SLES-53661
日本 SLPM-66317
-
6日本 カプコン クラシックス コレクション
アメリカ合衆国 Capcom Classics Collection Reloaded
ヨーロッパ Capcom Classics Collection Reloaded

日本 200609072006年9月7日
アメリカ合衆国 200610242006年10月24日
ヨーロッパ 200611102006年11月10日
PlayStation PortableカプコンカプコンUMD日本 ULJM-05104
ヨーロッパ ULUS-10134
日本 ULES-00377
-
7日本 超魔界村
アメリカ合衆国 Super Ghouls'n Ghosts
ヨーロッパ Super Ghouls'n Ghosts

バーチャルコンソール
日本 200702202007年2月20日
アメリカ合衆国 200703052007年3月5日
ヨーロッパ 200703092007年3月9日
Wiiカプコンカプコンダウンロードアメリカ合衆国 JA4E
ヨーロッパ JA4P
-
8日本 超魔界村
アメリカ合衆国 Super Ghouls'n Ghosts
ヨーロッパ Super Ghouls'n Ghosts

バーチャルコンソール
日本 201304272013年4月27日
アメリカ合衆国 201305162013年5月16日
ヨーロッパ 201305162013年5月16日
Wii Uカプコンカプコンダウンロード日本 JATJ
アメリカ合衆国 JATE
ヨーロッパ JATP
-
9超魔界村R
バーチャルコンソール
日本 201501142015年1月14日
Wii Uカプコンカプコンダウンロード--
10アメリカ合衆国 Super Ghouls'n Ghosts
日本 超魔界村

バーチャルコンソール
アメリカ合衆国 201606232016年6月23日
日本 201607202016年7月20日
Newニンテンドー3DSカプコンカプコンダウンロード--
PlayStation版
  • 魔界村』『大魔界村』と共に収録。
  • 2005年3月30日にはPlayStation版CD-ROMと攻略ブックレットがセットになった『カプコン レトロゲーム コレクション vol.2』が発売された。
ゲームボーイアドバンス版
  • スーパーファミコン版の移植に加え、ステージの追加などを行った『アレンジモード』を収録。追加ステージのボスキャラクターとしてレッドアリーマー・ジョーカー(裏2面)、ドラゴン(裏3面)、一角獣(裏4面)、バルバロ(裏5面)が登場する。2015年1月14日より、Wii Uのバーチャルコンソールで配信開始。
PlayStation 2、PlayStation Portable版

スタッフ[編集]

スーパーファミコン版
  • 企画:HYPER MICKEY(三並達也)、PATRIOT YAMAZOU(山添公雄)
  • アクター・デザイナー:PATRIOT YAMAZOU(山添公雄)、TALL NOB、HYPER BENGIE
  • 背景デザイナー:JUNCHAN(竹内潤)、NATSUCHAN(上田夏栄)、CHIECHAN(りゅうごちえこ)、RYUTARO'S MAMA(長嶋昭子)、KATSUKUN
  • プログラマー:M30(篠原雅嗣)、MACHAN(まついよしひろ)、YAMADACCHI
  • 音楽:MARI(山口真理)
  • サウンド:BULL(梶野俊夫)、IKE-BOMB(池田やすし)
  • スペシャル・サンクス:CHO-SUKE、TAKE-PON
  • プロデューサー:PROFESSOR F(藤原得郎
  • カバーイラスト:松下進
ゲームボーイアドバンス版
  • ディレクター:BAMBOO(竹中善則)
  • 企画:つちだゆうじ
  • アクター・デザイナー:山添公雄
  • 背景デザイナー:RYUTARO'S MAMA(長嶋昭子)、BUPPO(小林美穂)、RIPUJI
  • プログラマー:TOM-BOY、NUMACCHI、西山純一
  • 音楽:増田智裕、伊佐信彦
  • サウンド:おだけんきち
  • デザイナー:SHOEI(岡野正衛)、SHINKIRO(森気楼)、T.YOSHIKAWA、迫水新一郎
  • パブリシティー:かまのたけし
  • プロデューサー:三並達也、中嶋浩二
  • エグゼクティブ・プロデューサー:岡本吉起

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体結果
1UP.com92/100点 (SFC)[6]
Eurogamer6/10点 (Wii)[7]
ファミ通27/40点 (SFC)[8]
29/40点 (GBA)[9]
GamePro3.5/5点 (GBA)[10]
GameSpot7.4/10点 (GBA)[10]
IGN8.5/10点 (GBA)[10]
NintendoLife9/10stars (Wii)[7]
ファミリーコンピュータMagazine23.69/30点 (SFC)[1]
(総合24位)
Mean Machines94/100点 (SFC)[6]
Total!87/100点 (SFC)[6]
Aktueller Software Markt10/12点 (SFC)[6]
受賞
媒体受賞
SUPER FAMICOM Magazineゲーム通信簿部門別ベスト30
総合24位[11]
音楽・効果音11位[11]
熱中度21位[11]
スーパーファミコン版
  • ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では、7・7・7・6の合計27点(満40点)となっており[12][8]、レビュアーからは、「『魔界村』シリーズは難しいことでつとに有名だが、今回はそれに輪をかけた難しさだ」などと評されている[12]
  • ゲーム誌『ファミリーコンピュータMagazine』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、23.69点(満30点)となっている[1]。この得点はスーパーファミコン全ソフトの中で24位(323本中、1993年時点)となっている[1]。また、同雑誌1993年8月情報号特別付録の「スーパーファミコンオールカタログ'93」では、「主人公がパンツ1丁になったり赤ん坊になるようなモンスターの攻撃もいろいろで、なかなか楽しい」と紹介されている[1]。その他、『SUPER FAMICOM Magazine』1993年8月情報号特別付録の「スーパーファミコンオールカタログ'93」巻末に収録されている「部門別ベスト30」では、総合24位、音楽・効果音11位、熱中度21位を獲得している[11]
項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 4.08 4.21 3.77 4.22 3.66 3.76 23.69
ゲームボーイアドバンス版
  • ゲーム誌『ファミ通』の「クロスレビュー」では合計29点(満40点)となっている[9]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 「8月情報号特別付録 スーパーファミコンオールカタログ'93」、『SUPER FAMICOM Magazine』、徳間書店1993年8月1日、 21頁。
  2. ^ ミリオンセールスタイトル一覧”. 株式会社カプコン (2014年9月30日). 2015年2月1日閲覧。
  3. ^ a b マイウェイ出版『死ぬ前にクリアしたい200の無理ゲー ファミコン&スーファミ』 (ISBN 9784865119855、2018年10月10日発行)、63ページ
  4. ^ a b 株式会社QBQ編 『懐かしスーパーファミコン パーフェクトガイドマガジンボックス(M.B.ムック)、2016年。ISBN 9784866400082 p29
  5. ^ これは貫通武器が一度当たった敵には再度当たらないようにするためだが、別の敵に当たるとリセットが起きるため、重なっていると多重ヒットが発生する。
  6. ^ a b c d Super Ghouls 'N Ghosts for SNES (1991) - Moby Games” (英語). Blue Flame Labs. 2017年9月9日閲覧。
  7. ^ a b Super Ghouls 'N Ghosts for Wii (2007) - Moby Games” (英語). Blue Flame Labs. 2017年9月9日閲覧。
  8. ^ a b 超魔界村 まとめ [スーパーファミコン]/ ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2017年9月9日閲覧。
  9. ^ a b 超魔界村R まとめ [GBA]/ ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2017年9月16日閲覧。
  10. ^ a b c Super Ghouls 'N Ghosts for Game Boy Advance) (2002) - Moby Games” (英語). Blue Flame Labs. 2017年9月9日閲覧。
  11. ^ a b c d 「8月情報号特別付録 スーパーファミコンオールカタログ'93」、『SUPER FAMICOM Magazine』、徳間書店1993年8月1日、 104 - 107頁。
  12. ^ a b ファミコン通信』、アスキー1991年10月11日

外部リンク[編集]