超長波

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

超長波(ちょうちょうは、VLF(Very Low Frequency))とは、3 - 30kHz周波数電波をいう[1][2]波長は10 - 100km、ミリアメートル波[3]とも呼ばれる。

概要[編集]

占有帯域幅を広く出来ないため、オメガ航法標準電波など低速な信号を送るのに用いられる。 また、深さおよそ10 - 40m(周波数と水の塩分にも依存)の水中を透過することが出来るため、水面付近の潜水艦と通信を行うためにも用いられる。送信設備は非常に大規模となり、有事には攻撃を受けやすいことから、アメリカ海軍TACAMO(Take Charge And Move Out)計画のもと、航空機により通信中継を行うこととした。このための機体として開発されたのがE-6 マーキュリーである。

受信にはスーパーヘテロダイン方式などの受信機の他、適切なアンテナ同調回路を使用すればアナログ-デジタル変換回路により復調することもできる。

超長波を使用する施設[編集]

過去に存在した施設[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 国際電気通信連合 (ITU) (2015年8月). “Nomenclature of the frequency and wavelengh bands used in telecommunications”. 2016年7月3日閲覧。
  2. ^ 平成25年情報通信白書>第2部 情報通信の現況・政策の動向>第7節 電波利用”. 2016年7月3日閲覧。
  3. ^ 電波法施行規則 第四条の三(周波数の表示)