起宿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

座標: 北緯35度18分22秒 東経136度44分12秒 / 北緯35.3060度 東経136.7367度 / 35.3060; 136.7367 起宿(おこしじゅく)は、美濃路宿場である。現在の愛知県一宮市起(おこし)にある。

木曽川沿いにあり尾張国美濃国の境にあたる。木曽川に設けられた起渡船場は、上の定渡船場、中の宮河戸、下の船橋河戸の3ヶ所の渡し船が設置されていた。船橋河戸には、将軍上洛時と朝鮮通信使が通る時に、270隻の船を使用した長さ約800mの船橋が架けられた。

最寄り駅[編集]

史跡・みどころ[編集]

隣の宿[編集]

美濃路
萩原宿 - 起宿 - 墨俣宿

起宿と墨俣宿の間の南宿村(現・羽島市足近町南宿)には、間の宿が設置されていた。

関連項目[編集]