赧王 (周)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
赧王
第37王
王朝
在位期間 前314年 - 前256年
都城 西周(河南)
姓・諱 姫延
生年 不詳
没年 前256年
慎靚王
※『竹書紀年』では隠王。 

赧王(たんおう)は、周朝の第37代の王。慎靚王の子。在位期間は59年であり、周朝における最長在位の君主であった。

在位中は周王室の影響力はわずかに王畿(現在の洛陽附近)に限定されるようになっていた。

周王室も桓公掲(貞定王の末子)を始祖とする西周君恵公班(西周威公の末子)を始祖とする東周君の勢力に分裂しており、赧王は西周の武公を頼って西周(河南)に遷都した。祖父の顕王の時代よりの勢力が急速に拡大しており、諸々の政策でも周の勢力挽回は成功しなかった。

紀元前307年、秦がの宜陽を攻撃すると、赧王は宜陽を救援するために出兵した。

紀元前256年、秦の将軍の攻撃を受けて、西周君がその領土を秦に献上した[1]。このため赧王は秦の保護下に入り、まもなく崩御した。秦は九鼎を移し、王畿を占拠することで周は滅亡することとなった。

子孫の有無は不詳。

なお、諡号の「赧」は、「顔を赤らめて恥じ入る」という意味である。

脚注[編集]

  1. ^ この時、献上した民の数はわずか3万人にすぎなかった。参考・加地伸行 『孔子』 角川ソフィア文庫 2016年 ISBN 978-4-04-400045-5 pp.20 - 21.