赤門鍼灸柔整専門学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
赤門鍼灸柔整専門学校
赤門鍼灸柔整専門学校
英称 AKAMON Oriental Medeical College
学校種別 専門学校
設置者 学校法人赤門宏志学院
設置年月日 1947年(昭和22年4月)
本部所在地 980-0845
キャンパス 青葉山校舎
国分町校舎
学科 鍼灸指圧科
鍼灸科第二部
柔道整復科昼間部
柔道整復科第二部
臨床教育専攻科
ウェブサイト 公式サイト
Portal.svg Portal:教育
Project.svg プロジェクト:学校/専修学校テンプレート
テンプレートを表示

赤門鍼灸柔整専門学校(あかもんしんきゅうじゅうせいせんもんがっこう)は、宮城県仙台市青葉区にある専門学校である。1947年に開校し、学校法人赤門宏志学院が運営している。

はり師きゅう師あん摩マッサージ指圧師を育成する鍼灸指圧科、はり師・きゅう師を養成する鍼灸科、柔道整復師を育成する柔道整復科と、これらの指導者を育成する東洋療法教育専攻科の4課を設置している。

沿革[編集]

略歴[編集]

  • 1947年 4月 -宮城県知事から「東北高等鍼灸学校」の設立の許可を受ける。
  • 1948年12月 -厚生大臣から全国第一号として「東北高等鍼灸整按学校」の認定を受ける。
  • 1949年 4月 -文部大臣から公益法人として「財団法人東北高等鍼灸整按学校」の設立が許可される。
  • 1957年 4月 -川内校舎新築落成。大町旧校舎から移転。
  • 1967年 8月 -川内に新校舎落成
  • 1979年 3月 -宮城県から専修学校として認可を受ける。
  • 1979年 3月 -校名を「赤門鍼灸柔整専門学校」に改称。
  • 1983年 8月 -現在の青葉山現校舎落成、川内旧校舎から移転。
  • 1997年 4月 -学校創立50周年を迎え、記念式が開催される。
  • 1999年11月 -国分壮(創立者)が藍緩褒賞(教育事業発展の功績)を授与される。
  • 2007年 3月 -国分町に新校舎落成
  • 2007年 4月 -学校創立60周年を迎える。
  • 2007年10月 -学校創立60周年記念式を行う。
  • 2013年 3月 -財団法人赤門学志院の解散。学校法人赤門宏志学院の設立が認可される。
  • 2015年 2月 -文部科学省「職業実践専門課程」を全学科で認定を受ける。
  • 2017年 4月 -学校創立70周年を迎える。
  • 2018年 4月 -姉妹校「仙台赤門短期大学」が開学する。

年表[編集]

  • 1947年 4月 -東北高等鍼灸学校の設立
  • 1948年12月 -東北高等鍼灸整按学校へ改称(全国第一号)
  • 1949年 4月 -財団法人東北高等鍼灸整按学校の設立
  • 1951年 9月 -校名を「東北高等鍼灸整復学校」に改称
  • 1953年 4月 -鍼灸科(2年6ヶ月制)、柔道整復科(2年制)の新設
  • 1968年 4月 -柔道整復科第二部(2年制)の新設
  • 1968年 4月 -校名を「仙台赤門鍼灸柔道整復学校」に改称
  • 1976年 5月 -鍼灸科第二部(3年制)の新設
  • 1979年 3月 -校名を「赤門鍼灸柔整専門学校」に改称
  • 2007年 4月 -東洋療法教育専攻科の新設
  • 2013年 3月 -学校法人赤門宏志学院の設立
  • 2018年 4月 -「東洋療法教育専攻科」より「臨床教育専攻科」名称変更

キャンパス[編集]

赤門鍼灸柔整専門学校 青葉山校舎

赤門鍼灸柔整専門学校 国分町校舎

設置学科[編集]

  • 鍼灸指圧科(3年制・50名)
  • 鍼灸科第二部(3年制・20名)
  • 柔道整復科昼間部(3年制・60名)
  • 柔道整復科第二部(3年制・30名)
  • 臨床教育専攻科(2年制・25名)平成30年度から「東洋療法教育専攻科」より「臨床教育専攻科」に名称変更

交通アクセス[編集]

  • 青葉山校舎 地下鉄東西線 青葉山駅より徒歩15分
  • 国分町校舎 地下鉄東西線 青葉通一番町駅より徒歩で3分

姉妹校[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]