赤銅鉱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
赤銅鉱
赤銅鉱
分類 酸化鉱物
化学式 Cu2O
結晶系 等軸晶系
へき開 なし
モース硬度 3.5 - 4
光沢 金剛光沢
暗赤色
条痕 暗赤色
比重 6.1
プロジェクト:鉱物Portal:地球科学
テンプレートを表示

赤銅鉱(せきどうこう、cuprite)は鉱物の一種。金属に似た光沢またはダイヤモンド光沢のある紅~赤みがかった茶色の酸化鉱物で、組成は酸化銅(I)(Cu2O)。等軸晶系モース硬度3.5~4。半導体性を持つ。

同じ銅酸化鉱物に黒銅鉱(CuO)があるが、赤銅鉱の方が黒銅鉱に比べ銅含有率が高く産出量が多いため、銅の原料として非常に重要である。美しい赤色をしたものや透明度の高いものは宝石として扱われるが、傷つきやすいため装飾品などには使用できず、専ら観賞用である。

世界の広い範囲で採掘されており、オーストラリアアメリカルーマニアドイツフランスロシアなどが主な産出国である。また、ナミビアツメブ鉱山からは宝石として使われる結晶が採掘される。ツメブ鉱山は様々な高品質の鉱物を産出することで有名である。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]