赤祖父山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
赤祖父山
標高 1033 m
所在地 日本の旗 日本
富山県南砺市
位置 北緯36度30分21秒
東経137度58分15秒
座標: 北緯36度30分21秒 東経137度58分15秒
山系 高清水山系
赤祖父山の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

赤祖父山(あかそふやま)は富山県南砺市にある山。標高は1033m。高清水断層による隆起によって形成された高清水山系の一つである。山の一帯は、加賀藩が水持林として木の伐採を禁止したためブナ原生林が広がっている[1]富山の百山の一つ。

概要[編集]

赤祖父山は、高清水断層による隆起によって形成された。山の一帯が加賀藩が水持林、つまり水源涵養地として木の伐採を禁止したため、付近の山では唯一ブナ原生林が残っている。

赤祖父山が源流の沢(赤祖父川)の標高300mあたりで、飛騨変成岩中の石灰岩が溶け込んでいる赤茶色の炭酸水が湧き出る。これは「そぶ」と言われている。

麓には赤祖父山から流れる川の水を集めた赤祖父溜池があり、農業用水に用いられる。

源流の川[編集]

生態[編集]

中腹部は富山県唯一のフクジュソウ自生地であり、県の天然記念物に指定されている。

山名の由来[編集]

飛騨変成岩中の石灰岩が溶け込んでいる赤茶色の炭酸水「そぶ」が湧き出ることから、それが「あかそぶ」として山名になったとされている。また、地元の人が敬い親しんだ山から祖父と付けられたともいわれる。

登山[編集]

赤祖父林道からの登山口と、利賀村栃原からの登山口がある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^  『富山県山名録』 桂書房、1985年、256頁。

参考文献[編集]

  • 『富山県山名録』 桂書房
  • 『富山の百山』 北日本新聞社

関連項目[編集]