赤澤竜也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

赤澤 竜也(あかざわ たつや、1964年4月16日 - )は、日本の作家

来歴・人物[編集]

大阪府出身。大阪府立生野高等学校を経て、慶應義塾大学文学部仏文科卒業。大学在学中に17歳の女子高校生を妊娠させ駆け落ちし、自宅にて二人だけでの出産を強行。無事に自ら赤ちゃんを取り上げた[1]

大学卒業後、電力関連の公益社団法人、進学塾講師を経て、信用金庫営業マンとして中小企業経営者に事業資金の融資や経営指導を行う[2]。退職後、大阪梅田風俗店に末端の従業員として参画。いくつかの店舗で働いたのち、法人設立して代表取締役に就任。複数の店舗を経営し、キタ新地の高級クラブを買収するなど、年商5億円を売り上げる[3]

その後、トラック運転手として1日平均労働時間15時間以上という過酷な労働を経て[4]、フリー編集者兼ライターに転身。

著書[編集]

伊吹瞬名義

共著[編集]

雑誌[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『週刊朝日』デキゴトロジー1988年7月29日~8月19日
  2. ^ 『会社人間だった父と偽装請負だった僕』ダイヤモンド社P84-P113
  3. ^ 『お客さん、こーゆーとこ初めて?』講談社P158-P174
  4. ^ “働くことの意味探し求めて”. 朝日新聞書評欄. (2009年3月8日). http://book.asahi.com/author/TKY200903110119.html 

外部リンク[編集]