赤沢弘毅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

赤沢 弘毅(あかざわ ひろたけ、明治42年(1909年7月17日 - )は日本医師医学博士。赤沢医院院長。鳥取県医師会(昭和24年~51年理事・監事・代議員・議長等を歴任)[1]。西部医師会顧問(副会長・会長を歴任)[1]米子ガス取締役[1]。協同建設監査役[1]

兄は元自治大臣の赤沢正道[2]。長女は鳥取大学名誉教授宮川征男の妻。

経歴[編集]

鳥取県米子市西倉吉町出身。父・康平は、徳島県出身の土木建築業。

昭和10年(1935年)東北帝国大学医学部卒業[1]。同年東北帝国大学附属病院第二内科勤務[1]

昭和16年(1941年)応召、第六三兵站病院勤務[1]

昭和21年(1946年)比島より帰還、赤沢医院を開業[1]

昭和51年(1976年)米子看護高等専修学校校長に就任[1]

人物像[編集]

宗教真言宗[3]

愛読書は山岡荘八『徳川家康』[1]。尊敬する人は空海[1]。趣味は書画鑑賞[1]。特技は剣道[1]

家族・親族[編集]

赤沢家[編集]

徳島県鳥取県米子市西倉吉町
  • 同妻(三朝ロイヤルホテル代表取締役社長金田政之二女[5]

参考文献[編集]

  • 『新日本人物大観』(鳥取県版) 人事調査通信社 1958年 ア・イ…60頁
  • 『第二十一版 大衆人事録 西日本編』1960年 あ65頁
  • 『鳥取県人名録』(企画・編集 鳥取県人名録刊行委員会 旬刊政経レポート、1987年 15頁)

関連[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 『鳥取県人名録』15頁
  2. ^ 『第二十一版 大衆人事録 西日本編』より
  3. ^ 『新日本人物大観』(鳥取県版)1958年 ア・イ…60頁。
  4. ^ 涼晴記 平成20年3月21日(金)涼晴日誌
  5. ^ 『鳥取県人名録』175頁

外部リンク[編集]