赤沢修三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

赤沢 修三(あかざわ しゅうぞう)は、日本京都市生まれの陶芸家二代赤沢露石とも称する。

先代の跡を継いで陶磁器の制作に従事し、主に煎茶器、香炉花瓶茶道具などを製作している。1915年(大正4年)、初代赤沢華峯の跡を継ぎ、二代赤沢露石と称した。

主な受賞歴としては、農商省工芸展覧会に4回入選、3回入賞したほか、1943年(昭和18年)9月には交趾焼の技術保存作家認定(マル技)の指定を受けている。また、京都府工芸美術展に5回入選、4回入賞がある。

京都伝統作家協会の発足に参加し、同協会会員となった。三越日本橋本店にて個展2回。パブリックコレクションが赤坂迎賓館東京)、日陶連美術館(名古屋市)、京都府京都文化博物館京都市)にある。