赤根谷飛雄太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
赤根谷 飛雄太郎
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 秋田県秋田市
生年月日 (1916-01-05) 1916年1月5日
没年月日 (1969-08-22) 1969年8月22日(53歳没)
身長
体重
176 cm
68 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1948年
初出場 1948年6月4日
最終出場 1949年8月15日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

赤根谷 飛雄太郎(あかねや ひゅうたろう、1916年1月5日 - 1969年8月22日)は、秋田県秋田市出身のプロ野球選手投手)、野球指導者(秋田市立秋田商業高等学校硬式野球部監督)。

なお、「ヒユウタロウ」は誤読である。巨人の星星飛雄馬風に「ヒュータロー」である[1]

来歴・人物[編集]

秋田商業を経て、法政大学に進学すると、東京六大学野球で活躍を見せる。その後、社会人野球の秋田コンマーシャルクラブ、帝国石油を経て、1948年急映フライヤーズに32歳という新人選手としては高齢で入団。1年目は二軍の「急映チックフライヤーズ」の監督を兼任しながら一軍で12試合に登板し2勝を挙げる。2年目は未勝利に終わり、この年限りで引退。プロ野球史上、最も漢字名の長い(7文字)選手として知られる。

プロ野球引退後、高校野球指導者として名を馳せる。赤根谷が育てた選手として嵯峨健四郎東映フライヤーズ)、石戸四六サンケイアトムズ)、佐々木吉郎大洋ホエールズ)などがいる[2]

1969年8月22日、13年の闘病生活、4度目の発作で、53年の生涯を終える[3]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]






















































W
H
I
P
1948 急映
東急
12 7 2 0 0 2 3 -- -- .400 139 57.1 53 1 26 -- 0 19 0 1 20 17 2.67 1.38
1949 10 6 0 0 0 0 3 -- -- .000 171 36.0 55 9 12 -- 0 12 1 0 31 28 7.00 1.86
通算:2年 22 13 2 0 0 2 6 -- -- .250 410 93.1 108 10 38 -- 0 31 1 1 51 45 4.34 1.56
  • 急映(急映フライヤーズ)は、1949年に東急(東急フライヤーズ)に球団名を変更

記録[編集]

背番号[編集]

  • 23 (1948年 - 1949年)

参考文献[編集]

  1. ^ 因みに星飛雄馬の名前の由来は作者の梶原一騎が人間成長ドラマを描くという事で、宮本武蔵坂本龍馬のイメージを重ね合わせ、人間的に悩みながらも成長するという意味で英語の「HUMAN」(人)から「飛雄馬」にしたと言われているが、俗説としてこの赤根谷の名前をヒントにしたとも言われている。https://full-count.jp/2017/04/06/post64221/2/
  2. ^ “秋田の50回大会史 秋田中に猛烈な対抗意識の秋田商”. アサヒ・コム:高校野球デジタル. 朝日新聞社. (2018年1月19日). https://vk.sportsbull.jp/koshien/articles/ASKC16W21KC1PTQP00S.html 2018年8月21日閲覧。 
  3. ^ 朝日新聞社『甲子園風土記 東日本編』朝日新聞社、1978年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]