赤松秀雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
赤松 秀雄
生誕 1910年12月27日
日本の旗 日本
死没 (1988-01-08) 1988年1月8日(77歳没)
国籍 日本の旗 日本
研究分野 有機化学
研究機関 東京大学
横浜国立大学
岡崎国立共同研究機構分子科学研究所
主な指導学生 井口洋夫
中川鶴太郎
松永義夫
主な受賞歴 日本学士院賞(1965)
プロジェクト:人物伝

赤松 秀雄(あかまつ ひでお、1910年12月27日 - 1988年1月8日 )は、日本物理学者化学者有機半導体の発見者として知られる。

来歴[編集]

業績[編集]

1954年、井口洋夫らとともにペリレン臭素の錯体が高い導電性を示すことを発見し、有機半導体の概念を提唱した。これは後に白川英樹らによる導電性高分子の発見にもつながった。

門下に井口洋夫、中川鶴太郎ら。日本の炭素研究の先駆者である他、水素エネルギーの研究にも先駆的な役割を果たした。文学・絵画・音楽にも造詣が深く、歌人としても知られた。

参考文献[編集]

  • 「追憶 赤松秀雄」 黒田晴雄他 岩波ブックサービスセンター

著書[編集]

  • 赤松秀雄, 高橋浩. "実験化学講座, 4." 日本化学会編, 丸善 (1956): 238.

論文[編集]

  • Akamatu, Hideo, and Hiroo Inokuchi. "On the Electrical Conductivity of Violanthrone, Iso‐Violanthrone, and Pyranthrone." The Journal of Chemical Physics 18.6 (1950): 810-811.
  • Akamatu, Hideo, and Hiroo Inokuchi. "Photoconductivity of violanthrone." The Journal of Chemical Physics 20.9 (1952): 1481-1483.
  • Akamatu, Hideo, Hiroo Inokuchi, and Yoshio Matsunaga. "Electrical conductivity of the perylene-bromine complex." Nature 173 (1954): 168-169
  • 赤松秀雄. "有機半導体." 科学 24.6 (1954): 282-287.
  • 赤松秀雄, 高橋浩. "電子顕微鏡観察による炭素電極の微細構造." 炭素 7.2 (1959): 42-47.