赤松政之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
赤松政之
時代 安土桃山時代
生誕 不明
死没 不明
別名 山下影五郎
主君 宇喜多直家羽柴秀吉
氏族 赤松氏
父母 父:赤松政元
兄弟 正満政範政直政茂政之
横山義祐福原則尚

赤松 政之(あかまつ まさゆき)は、安土桃山時代武将赤松政元の五男という。

天正5年(1577年)、羽柴秀吉播磨国上月城に攻め寄せた時、兄・政範に味方した。落城寸前の時、密かに兄達の遺児を引き連れて落ち延び隠棲、山下影五郎と変名し、織田家を討とうとしたという。その後、宇喜多直家に仕えるも、死後は浪人となる。

再び織田家打倒を目論み、播磨で挙兵を図ろうとするも本能寺の変が起こり状況は一変。仇敵・羽柴秀吉につき、山崎の戦いに出陣する。しかし、その直後重病で死去したという。またはそのまま生きながらえたともいわれる。なお、実在の人物かは不明である。