赤木由子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
赤木 由子
誕生 富樫 菊
1927年11月1日
日本の旗 日本 山形県西田川郡豊浦村
死没 (1988-09-13) 1988年9月13日(60歳没)
日本の旗 日本 東京都三鷹市
職業 児童文学作家
国籍 日本の旗 日本
代表作 『二つの国の物語』
『草の根こぞうの仙吉』
主な受賞歴 野間児童文芸推奨作品賞1978年
デビュー作 『柳わたとぶ国』
テンプレートを表示

赤木 由子(あかぎ よしこ、本名:富樫 菊1927年11月1日 - 1988年9月13日)は、日本児童文学作家

生涯[編集]

1927年11月1日、山形県西田川郡豊浦村三瀬(現鶴岡市)に生まれる。幼少期に両親を亡くし、満州に渡り現地で戦争を体験。鞍山常盤高等女学校卒業後、上京して雑誌・新聞記者となる。その後は創作活動に専念。

主な著書に処女作『柳わたとぶ国』をはじめ、『はだかの天使』、『ひまわり愛の花』、『二つの国の物語』三部作、『草の根こぞうの仙吉』(野間児童文芸推奨作品賞受賞作品)、『ぼくら三人にせ金づくり』、『生きるんだ!名犬パール』など多数。中でも理論社大長編シリーズとして1980年に刊行された三部作『二つの国の物語』は代表作の一つであり、1995年に同社より全一冊シリーズとして新たに刊行された。

1988年9月13日、心筋梗塞のため三鷹市の自宅で60年の生涯を閉じた。

出版物[編集]

  • 「柳のわたとぶ国」1966年、理論社
  • 「はだかの天使」1969年、新日本出版社
  • 「夏草と銃声」1972年、偕成社
  • 「コロッケ少年団」1974年、国土社
  • 「ぼくもぱーるもぐんぐんぐん」1974年、銀河社
  • 「あの雲の下で」1975年、金の星社
  • 「美しいぼくらの手」1975年、ポプラ社
  • 「もう泣かないでおかあさん」1975年、偕成社
  • 「ハンノキのくり舟」1976年、新日本出版社
  • 「花と海の星座」1977年、童心社
  • 「ひまわり愛の花」1977年、金の星社 のちフォア文庫
  • 「おねしょとひげとおかあさん」1977年7月、ポプラ社
  • 「赤毛のブン屋の仲間たち」1978年、新日本出版社
  • 「やくそくの赤いビー玉」1978年12月、金の星社
  • 「ヨッチとケム子とゴリラ先生」1979年7月、新日本出版社
  • 「草の根こぞう仙吉」1978年4月、そしえて ほるぷ出版
  • 「5年3組の番長たち」1978年11月、ポプラ社
  • 「二つの国の物語 第1部」1980年12月、理論社
  • 「二つの国の物語 第2部」1980年12月、理論社
  • 「二つの国の物語 第3部」1981年3月、理論社
  • 「北国の子どもたち」1980年、講談社
  • 「大ちゃんの門出」1981年1月、新日本出版社
  • 「ぼくらゆきんこ」1981年4月、草炎社
  • 「5年2組はどろんこクラス」1982年5月、ポプラ社
  • 「ぼくはどうせオオカミの子」1982年、小峰書店
  • 「ふたりぼっちの朝」1982年4月、金の星社
  • 「鬼がクスクスわらってる」1983年、小峰書店
  • 「とうちゃんだっこして」1983年1月、新日本出版社
  • 「ぼくら三人にせ金づくり」1984年2月、小峰書店 のちてのり文庫
  • 「子育ては親育ち」1984年2月、白石書店
  • 「花まるクラスは大さわぎ」1984年4月、草炎社
  • 「おねえちゃんの子もり歌」1984年7月、学校図書
  • 「黒い瞳のウルフたち」1984年8月、白石書店
  • 「生きるんだ!名犬パール」1985年12月、ポプラ社
  • 「2年2くみのがんばりゆかちゃん」1985年7月、金の星社
  • 「おっと 部活はやめられない」1986年1月、新日本出版社
  • 「ぼくら三人天才だまし」1986年2月、小峰書店
  • 「ドン・ノミ太のでぶでぶ王子」1986年3月、くもん出版
  • 「きのうのわたしにさようなら」1987年4月、ポプラ社
  • 「3年3組いやな子ふたり」1987年5月、学習研究社
  • 「ぼくら三人原始ゴリラ」1987年6月、小峰書店
  • 「6年3組おしゃべりクラス」1987年8月、ポプラ社
  • 「先生にもらつたプレゼント」1987年6月、小峰書店
  • 「つくしだれの子天使の子」1988年、新日本出版社
  • 「夕やけなんかだいきらい」1988年、童心社
  • 「おにいちゃんのヒミツは一日300えん」1988年1月、ポプラ社
  • 「3年1組げんきクラス」1988年1月、金の星社
  • 「焚刑」1990年、草炎社
  • 「生きること書くこと育てること」1990年11月、草炎社
  • 「ひかる草の実」