赤木泰文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

赤木 泰文(あかぎ ひろふみ、1951年 - )は、日本工学者東京工業大学名誉教授。パワーエレクトロニクスの第一人者として知られ、2018年には日本人として初めてIEEEメダル イン パワーエンジニアリングを受章した。

人物・経歴[編集]

岡山県岡山市生まれ。1970年岡山県立岡山大安寺高等学校卒業。1974年名古屋工業大学工学部電気工学科卒業。1979年東京工業大学大学院理工学研究科博士課程電気工学専攻修了、長岡技術科学大学工学部助手。1981年長岡技術科学大学工学部講師。1984年長岡技術科学大学工学部助教授。1987年マサチューセッツ工科大学客員研究員。1991年岡山大学工学部教授。1996年ウィスコンシン大学マディソン校客員教授、マサチューセッツ工科大学客員教授。2000年東京工業大学大学院理工学研究科教授。2007年IEEE Power Electronics Society President。2015年IEEE Division II Director。2016年東京工業大学工学院教授。パワーエレクトロニクスの第一人者として知られる[1][2]。2018年には日本人として初めてIEEE Medal in Power Engineeringを受章した[3]

受賞・栄典[編集]

  • IEEE Fellow 1996[2]
  • IEEE William E. Newell Power Electronics Award 2001[2]
  • IEEE Richard H. Kaufmann Technical Field Award 2008[2]
  • IEEE Medal in Power Engineering 2018[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]