赤木氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

赤木氏(あかぎし)は、日本の氏族のひとつ。

信濃赤木氏[編集]

桓武平氏秩父氏の一族で、平武基の孫の秩父忠兼が信濃国筑摩郡白河郷(現・長野県松本市大字寿豊丘白川)に移住して白河氏を称した。その二男・親忠が隣接する赤木郷(現・同市大字寿小赤赤木)[注釈 1]分家して赤木氏を称したとされる。

鎌倉時代承久3年(1221年)親忠の子・忠長が承久の乱の勲功で備中国川上郡穴田郷(現・岡山県高梁市宇治町穴田)を恩賞として賜り、新補地頭として移住し、その後発展した。その時に持参した[要出典]『赤韋威鎧(あかがわおどしよろい)』は国宝に指定されている[1]

現在赤木姓は、宮崎県や岡山県に多く見られる姓で、俳優の赤木春恵も、この流れを自称する[要出典]

日向赤木氏[編集]

一方、日向国(現・宮崎県)の赤木氏は、弓削道鏡の子・一若に端を発し[要出典]蒙古襲来時に奮戦した河野通有などの河野氏の支流で、通字も河野氏の通字「通」を現在まで継承している。

貞治5年(1366年)6月河野通實 [要出典]宮崎郡に下着、その後数代を経て河野伊予守正弘が三俣院高城の有水村に居住して長峯門を領し、長峯土佐守と称した。更にその後数代経て長峯玄蕃允通貴の代に真幸院三之山(のち小林郷、現・小林市東方村赤木門を知行したので孫の通信から赤木氏を称するようになった。赤木氏の小林郷への移住時期は明確でないが、真方村の邸宅の斜め向かいに地頭仮屋が置かれたこともあり、江戸時代を通して小林郷の郷士年寄(幕末に噯(あつかい)と改称)5名のうちの1名を占めるなど、小林郷における名家の一つであった。

男子がなかったため高岡郷の黒木土佐守の二男・清兵衛が養子で入って通宗と名乗り、通宗の子・通昆の二男・通統が宝永5年(1708年)35をもって細野村水落に分家した。その後分家から出た通園は平田篤胤の門下生となって国学を修め、天保初期より史料を蒐集し明治4年(1871年)まで約40年にも亘り執筆して郷土史『小林誌』(全3巻)を著した。また明治6年(1873年霧島岑神社と夷守神社の合祀の際には、宮崎県庁から手続きに慎重を期すためとして意見を乞われたほどの学識者であった。分家は明治10年(1877年)頃土地を広げてかなりの地主になったが、通能の代に鹿児島の検見崎氏への保証などのため財産が激減。通能病没後の明治27~32年(1890年代後半)頃五日町(のち緑町)野間に移転した。通能の長男・通茂は造士館を卒業し、西諸県郡書記を経て小林村(のち小林町)議会議員に6回当選。明治44年(1911年)には宮崎県議会議員となり(1期)、大正10年(1921年)から小林町長を2期半10年務め道路整備と神社改修に尽力した。

赤木本家は江戸時代最高時には61石、幕末では本家・分家とも50石を有していた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 赤木公民館、赤木山などの所在地

参考文献[編集]

関連項目[編集]