赤新聞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

赤新聞(あかしんぶん)は、低級な興味本位の新聞イエロー・ジャーナリズムと同一の扱いを受けることがあるが、一部は異なる。

主な特徴[編集]

イエロー・ジャーナリズムと一致するもの。

  • 人を驚かせるような見出しをつける。大したニュースでもないことが多いため、全体として嘘臭い構成になる。
  • 絵や写真を多用するが、その多くはどうでもいいようなもので、盗用や捏造も見られる。
  • あらゆる種類の詐欺的行為が行なわれている。たとえば、インタビューやストーリーの捏造、誤解を招く見出し、エセ科学など。
  • 弱い者の味方であるかのように振る舞う。

赤新聞に特徴的なもの。

  • 社会不正義の告発。
  • 出版者の主義・主張の啓蒙。

語源[編集]

明治時代にセンセーショナリズムで人気のあった黒岩涙香の『万朝報』が淡紅色の用紙であったため,この呼称が起ったとされる。

同時期から1950年代までは、「赤本」という低俗とされる書物があり。「低俗=赤」と言う共通認識があった。

歴史的背景[編集]

ニューズペーパーの概念が輸入されるまで、日本にはかわら版と言うものが存在していた。内容は、上記の主な特徴に通じる物であった。 この文化的背景を元に、出版さたものであるとされる。

現在[編集]

現在、赤新聞と呼べる物は存在しない。「アカ新聞」という言葉は残っているもののその対象となる紙面内容はイエロー・ジャーナリズムと変わりがない。

関連項目[編集]