赤川彰彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

赤川 彰彦(あかがわ あきひこ、1947年 - )は、愛知県出身の研究者三菱総合研究所客員研究員。

略歴[編集]

  • 1947年 愛知県生まれ
  • 1960年 武蔵大学経済学部卒業
  • 1964年 筑波大学大学院経営政策科学研究科修了 経済学博士
  • 1972年 日本長期信用銀行入行 本店、大阪、京都支店、法人営業第一部等を経て
  • 1993年 池袋支店営業推進役
  • 1995年 定借マンションの第1号案件でモデルケースとなった「藤和田園調布ホーム ズ」を手掛け成功。本契約書が定借マンションの契約書雛型となる。コンビニ「ローソン」(首都圏第 1 号)の事業用借地権のコンサルを実施。
  • 1997年 都心型定借マンション 1 号案件「モアクレスト神宮前」(山手線内及び神社境内 活用 1 号案件)のコンサルを実施
  • 1998年 長銀総研コンサルティング出向 主席研究員
  • 1999 大阪市住宅供給公社「高見フローラルタウンI期」(同公社 1 号案件)関与
  • 2000 自治体の公有地定借の第 1 号案件足立区「2・2・2住宅プラン」のコンサル ティングを実施
  • 2002 三菱総合研究所 主席専門研究員
  • 三菱総合研究所 客員研究員 経済学博士、(社)全国太陽光発電推進協議会 理事(現在に至る)

主な著書[編集]