赤嶺総理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
赤嶺総理
本名 赤嶺 栞
生年月日 (1991-03-01) 1991年3月1日(28歳)
出身地 日本の旗 日本沖縄県那覇市
血液型 O型
身長 154cm
言語 日本語
最終学歴 沖縄県立首里高等学校琉球大学法文学部人間科学科 中退)
出身 NSC東京校19期
コンビ名 すぽっと(2013年 - 2015年)
相方 ジョー(コンビ時代)
芸風 大喜利、フリップ芸
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
活動時期 2014年 - (ピンでの活動は2016年 - )
同期 ザ・シーツ
EXIT兼近
世間知らズ
バニラボックス など
他の活動 作家
受賞歴
2016年 平成27年度NHK全国俳句大会二句秀作

赤嶺総理(あかみねそうり、1991年3月1日 - )は、日本お笑い芸人よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。NSC東京校19期生。作家としても活動している。

来歴[編集]

沖縄県那覇市出身。沖縄県立首里高等学校卒、琉球大学法文学部人間科学科中退。現・トーキョー少女のジョーと「すぽっと」というコンビを組んでいた[1]が解散し、2016年以降はピンで活動。

人物[編集]

芸風[編集]

ネタは主にフリップ芸。大喜利が得意なことで知られている。

エピソード[編集]

大喜利を始めたきっかけ[編集]

中3(14歳)の頃に、週刊少年ジャンプの読者投稿コーナー『じゃんぷる』に試しに送った一枚が採用され、上位入賞者への賞品目当てで大喜利を始める。翌年、同コーナー『ジャンプ魂』初代王者となる。

当時、交流は無かったが同じ高校で同級生だった仲間りょう(『磯部磯兵衛物語〜浮世はつらいよ〜』作者)に「ジャンプで新人賞を獲ったらしい」と伝わる[2]

俳句を始めたきっかけ[編集]

高校で俳句部の顧問にスカウトされ入部。俳句甲子園への出場、お〜いお茶新俳句大賞への投句などを行う。

着信御礼!ケータイ大喜利[編集]

2007年10月21日に初採用され、2013年1月13日にレジェンド第40号[3][4]となる。

2014年3月、NSC東京在学中に沖縄で公開収録が行われると知り、自費で沖縄に帰り観覧席から収録に参加。MCの今田耕司からの助言で、本名ではなく赤嶺総理で活動することを決意する。のちにテレビ番組『本能Z』で今田と番組共演した際、今田は助言した事を全く覚えていない反応だった。

ラジオ[編集]

ロバート、キングコング、インパルスのガッチャガッチャ本』をラジオ本と知らずに購入し、ラジオにも投稿コーナーがあることを知る。ラジオ初採用は2007年頃の『インパルスのガッチャガッチャ』。

主に『オードリーのオールナイトニッポン』『バナナマンのバナナムーンGOLD』『バカリズムのオールナイトニッポンGOLD』『トータルテンボスのよしもと下克上』に投稿。特に『よしもと下克上』では多く採用されていた。『エレ片のコント太郎』『山里亮太の不毛な議論』『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』『ハガキ職人のウタゲ!』でも採用されたことがある。

作家としての活動[編集]

フットンダ王決定戦2015』に出場した際に、同じく出場していた流れ星の目に留まり、単独ライブのネタ作家として付くきっかけとなる。他にも多数の芸人のネタ作り手伝いを行う。

ゴハンアザラシ[編集]

「冷凍庫でゴハンアザラシを飼っています。」という、ラップに包んだご飯をアザラシの形にしたものを載せたツイートが5万リツイートされ、情報番組などで取り上げられた[5][6]

受賞歴[編集]

出演[編集]

テレビ[編集]

過去のレギュラー
  • 俳句さく咲く!NHK Eテレ、2015年度)
  • おっほ〜ゴッホみたいに言うな‼︎〜(TVQ九州放送、2016年9月18日初出演 - 2018年3月26日)準レギュラーとして主に大喜利企画に出演。
単発・スペシャル
  • オイコノミア(NHK Eテレ、2013年10月29日、2017年10月11日、11月1日、2018年1月10日)
  • フットンダ(中京テレビ)『フットンダ王決定戦2015出場枠争奪!勝ち抜きバトル』で優勝し『フットンダ王決定戦2015』2015年1月1日出演[1]。決勝進出。
  • IPPONスカウト(フジテレビ、2015年11月7日、2016年6月4日)
  • 本能Z(CBCテレビ、2016年3月26日)ピース綾部イチオシの後輩として出演。
  • ナカイの窓~昭和VS平成 女芸人SP~(日本テレビ、2017年12月7日)
  • 要博士の異常な映画愛〜勝手にセリフ変えてみました〜(テレビ東京、2017年10月16日 - 12月18日)異常な映画愛委員会の会員として作品を提出。
  • 一夜づけ(テレビ東京、2018年3月11日、18日)

インターネットテレビ[編集]

過去のレギュラー
単発・スペシャル

雑誌[編集]

  • ONE PIECE』「60巻 65巻 読者投稿絵コーナー・ウソップギャラリー海賊団」掲載。
  • ボボボーボ・ボーボボ ハジケカードゲーム』カード案募集にて採用、商品化。
  • マンスリーよしもとPLUS』笑いのスタジアム(大喜利)MONTHLY FORUM(キャッチフレーズ・イラスト)複数回採用。
  • 着信御礼!ケータイ大喜利オフィシャルブック』『ふたたび着信御礼!ケータイ大喜利オフィシャルブック』掲載。
  • 『書き出し小説』掲載。
  • バカリズムのエロリズム論』掲載。
  • 『耐え子の日常』2016 - 2017年頃に案出しで参加。
  • ペペペペン議員』脚本で参加。
  • 『又吉直樹マガジン 椅子』椅子にまつわる俳句とエッセイを寄稿。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 毎週水曜日に放送していたが、2016年10月からは隔週水曜日放送に変更された。

出典[編集]

外部リンク[編集]